健康ヲタクな男

理屈を理解しないと行動できない健康ヲタクのブログ。

スポーツトレーナーの登竜門!NSCA認定資格とは

フリー写真 腕立て伏せをしている外国人男性

もう秋が来てしまいますね。。

食欲の秋やら、読書の秋やらいろいろありますが、自分が今ハマっていることは筋トレでございます。

筋トレをしていると次第に筋肉の仕組みであったり、栄養学に興味を持ち始めました。

興味の幅を少しづつ広げていくと、NSCA認定資格というものが存在することを知りました。皆さんはこの資格ご存知ですか?

 

NSCA認定資格とは

この資格は、研究に基づいた知識と現場での応用を広く普及する人材の認定をすることを目的としています。それがNSCAの認定資格です

NSCAの資格認定者数は、2018年8月末時点、全世界で延べ46,000名を超えています。
その中で、CSCS(認定ストレングス&コンディショニングスペシャリスト)とNSCA-CPT(NSCA認定パーソナルトレーナー)は、日本語で受験することができます。

NSCA-CPTは、1993年に認定試験が開始され、米国内はもとより、国際的に最も信頼性の高いパーソナルトレーナーの認定資格として、1996年よりNCCAの承認を受けています。

CSCSは、1985年に認定試験が開始され、ストレングス&コンディショニングの認定資格として唯一、1993年より全米資格認定委員会(NCCA)の承認を受けている資格です。

 

NSCA-CPTとは

健康と体力のニーズに関して、評価・動機づけ・教育・トレーニングやコンディショニング全般の指導を行う、優れた専門的能力をもつ人材を認定する資格です。
指導対象者はアスリートだけでなく、年齢・性別・経験を問わず幅広い層に対してトレーニング指導を行います。そのため、NSCA-CPTはトレーニングの知識に加え、医学的、運動生理学的な専門知識とトレーニングの指導技術が必要となります。

パーソナルトレーナーのほか、フィットネスインストラクターやスポーツ指導者、理学療法士、柔道整復師などがNSCA-CPTを取得しています。

 

NSCA-CSCSとは

傷害予防とスポーツパフォーマンス向上を目的とした、安全で効果的なトレーニングプログラムを計画・実行する知識と技能を有する人材を認定する資格です。
指導対象は主にアスリート、スポーツチームです。筋力トレーニングや他の体力要素の指導だけでなく、施設を運営、管理することも重要な職務となります。また、栄養、ドーピング、生活習慣に関する指導など、教育者的側面も併せ持っています。

ストレングスコーチ、アスレティックトレーナー、パーソナルトレーナー、医師、フィットネスインストラクター、研究者などがCSCSの資格を取得しています。

 

試験について

NSCAの資格認定試験は、ストレングス&コンディショニングの指導者とその分野で活躍する研究者からなる職務分析委員会の分析に基づいて、専門職に必要な科学的基礎知識から実践応用にわたる包括的な知識について網羅するように作成されています。

また、試験は、全米資格認定委員会(NCCA, 2014)の基準、および the Standards for Educational and Psychological Test(APA, NCME, AERA; 2014)などの基準に則したものであり、受験者の知識、技術、能力(KSA's)が、業界の専門家たちによって決められた適正レベルに達しているかを判断するものとなっています。

2016年4月より、コンピュータベース試験を導入しました。これにより、これまでのように決まった日時に試験が実施されるのではなく、受験者が試験会場や日時を選んで受験することができるようになりました。

※選択できる試験会場は、試験管理会社ピアソンVUEのテストセンターです。また、各テストセンターの営業時間や予約状況によってはご希望の日時で受験ができない場合があります。

 

ちなみに合格率はNSCA-CPTで75.2%、CSCSで48.7%ということでしっかり勉強をしていればそんなに困難じゃなさそうです。