健康ヲタクな男

理屈を理解しないと行動できない健康ヲタクのブログ。

SNSがメンタルに及ぼす意外な影響について

この研究は、International Journal of Human-Computer Interaction()に掲載されました。

ããªã¼åç ã¿ãã¬ããPCã¨ã¢ããªã®ã¢ã¤ã³ã³

 

結論から言うと、

Facebook Messenger、Snapchat、Whatsappなどのメッセージングアプリを使用することは、精神的健康の向上につながると、新しい研究は示唆しています。

SNSに関しては悪い結果が多いようですが、このような研究結果もあります。

 

この調査が焦点を当てたWhatsappは、世界中で15億人を超えるユーザーを抱えています。

これにより、ユーザーはメッセージ、写真、およびビデオを互いに送信できます。

人々は特定のソーシャルサークルと連絡を取り合うためにグループに参加することもできます -(最も人気のある機能の1つ。)

 

研究の被験者がWhatsappの使用に費やした時間が長いほど、彼らが寂しさを感じなくなった、と研究者らは見出した。

 

Whatsappを使用することは、家族や友人と連絡を取り合う結果として、より高い自尊心にもつながりました。

 

この研究の最初の著者であるリンダケイ博士は、次のように述べています。

「ソーシャルメディアに時間を費やすことが私たちの健康に悪いかどうかについては多くの議論がありますが、私たちは思ったほど悪いわけではないかもしれません。

人々がWhatsAppに多くの時間を費やすほど、これは彼らが彼らの友人や家族の近くにいると感じていることに関連し、そして彼らはこれらの関係が良い品質であると感じました。

これと同様に、これらの友情がより緊密に結び付いて、より多くの人々が彼らのWhatsAppグループとの提携を感じているほど、これは彼らの自尊心と社会的な能力に積極的に関連していました。

グループの所属はまた、WhatsAppユーザーがそれほど孤独ではないことを意味しました。

WhatsAppを使用して私たちの親しい友人と連絡を取り合うことは、私たちの幸福の面では好ましいようです。」

 

200人の参加者を含むこの調査では、1日平均1時間弱で人々がこのアプリを使用したことがわかりました。

人々は主に人々のグループと簡単にチャットする機能のためにそれを使用しました。

ケイ博士によると、

「この研究は、この分野で進行中の議論に貢献し、コミュニケーションテクノロジーを使用するためのソーシャルサポートの動機とともに、社会的要因の役割の具体的な証拠を提供します。

具体的には、この調査結果は、テクノロジーの利用が心理社会的幸福にどのように関連するかを理解する方法として、社会的結合資本に関連する要因を含めることがこの分野にどの程度重要であるかを示しています。

それはWhatsAppのようなソーシャルテクノロジーが既存の関係やコミュニケーションの機会を刺激し、それによってユーザーの前向きな幸福の側面を強化するかもしれないという概念を生み出します。