健康ヲタクな男

理屈を理解しないと行動できない健康ヲタクのブログ。

ダイエットでスキニー男子になる方法_エネルギー消費編

 ããªã¼åç é¦æ¸¯ã®å¤æ¯ã¨å±ä¸ã§ã¹ããããããç·æ§

ダイエットでスキニー男子になる方法ということで、

今回はカロリー計算について押さえていこうと思います。

 

まず、押さえておかなければいいけないのが一日あたりのカロリーの消費量です。

一日のカロリーの消費量を割合で示すと、

基礎代謝:60%

身体活動:30%

DIT:10%

となります。

 

全体の6割を占める基礎代謝とは、体を何も動かさないでいる状態で消費されるエネルギー量になります。 

次に全体の3割を占める身体活動とは、運動だけでなく移動や家事などのいつもの生活で消費されるエネルギー量のことです。

そして、残りの1割のDITは食事誘発性熱産生といわれるもので、食べたものを消化・吸収する際に消費されるエネルギー量になります。

 

ダイエットをするときにはこの3つの合計が、摂取したカロリーよりも多くなっている状態にならなければいけません。

 

基礎的であり大切なこととして、

ダイエットの打ち手は摂取するカロリーを下げるか、消費するカロリーを上げるかの2つしかりません。

 

もう少し考えを進めていくと、

先ほど消費するカロリーの3つの割合を示しましたが、消費するカロリーを上げる具体的な打ち手としては①基礎代謝を上げる②身体活動を増やす③DITをより活発にすることになります。

 

皆さんがよりコントロールしやすいものは何でしょうか?

基礎代謝をあげること?身体活動を増やすこと?DITをより活発にすること?

 

それは「身体活動を増やすこと」です。

自分が意識的にできるエネルギー消費量を増やす方法は「身体活動を増やすこと」という身も蓋もない結論になってしまいますが、まずこのことは受け止めましょう。

 

身体活動を増やすといっても、今まで運動をしたことがない人には酷な話になってしまいます。そこで重要な考え方としてNEAT(ニート)と言われる考え方が重要になります。

*NEAT=Non-Exercise-Activity Thermogenesis(非運動性熱産生)

 

この考え方は身体活動をさらに分解し、運動と生活活動に分けて考えることが根底としてあります。そして生活活動の部分をNEAT(ニート)と呼び、運動が苦手な人はNEATを高めることが重要になってくるのです。

 

身体活動=運動+生活活動(NEAT

 

今まで運動をしてこなかった人でも、生活活動はしているはずです。

NEATを高めること、つまり、日常の生活活動を高めることエネルギーを消費する上で重要になってくるのです。

 

NEATの具体的な行動としては、

・座ったままのデスクワーク →スタンディングデスク使用

・通勤中のエスカレーター →階段使用

・帰りのタクシー →徒歩

 

めちゃくちゃ簡単なことなのですが考え方として「今、自分はニートを高めているんだ!」と意識することがダイエットの1歩目となります。

 

消費エネルギーの計算としては、

石川善樹氏が執筆している「最後のダイエット」に掲載されているダイエットシミュレーションはとても参考になります。

1人1人にあわせて適切な数字を算出してくれる減量シミュレーターです。

是非、自分で試してみてダイエットの参考にしてみてください。

 

〇ダイエットシミュレーション

https://www.diriron.com/intro