俺の言うことを聞いてくれ。

内向的な研究者によるブログ。アンチエイジング/人間関係/性格分析を記事にしています。

誰でも簡単に自信をつける方法

自信

self-compassion


この研究は2019年に
Journal Clinical Psychological Science誌に発表されました(

エクササイズで自信をつけられる


新しい研究によると、
セルフ・コンパッションエクササイズは人々をリラックスにさせ精神的に安心させる、と報告しています。
自己をもっと受け入れること(セルフ・コンパッション)は心拍数を下げるのに役立ち、体の脅威への反応をオフにします。


エクササイズは2つあり、

1つ目のエクササイズはあなた自身と親切で心地良い考えを持った愛する人について考えること
もう1つは「思いやりのあるボディスキャン」です。
それは愛情のある親切の態度で体のさまざまな部分に注意を払うことを含みます。


最初の著者、ハンス・キルシュナー博士は次のように述べています。

「これらの調査結果は自分自身に優しいことが脅威への対応を無効にし、
再生と癒しのために重要である安全と弛緩の状態に体を置くことを示唆しています。」

 


この研究には135人が参加し、5つのグループに分けられました。それぞれが異なる指示を与えられました。
その結果、自分に優しくすることを奨励された人は心拍数が低くなり、脅威に対する反応が低下したことがわかりました。
彼らはまた、他の人たちとのつながりがより強く、自己慈悲深いと感じていると報告しました。


共著者のAnke Karl博士は次のように述べています。

「以前の研究では、セルフ・コンパッションはより高いレベルの幸福とより良い精神的健康に関連していることが判明しましたが、その理由はわかりませんでした。
私たちの研究は、事態が悪くなったときに自分に優しくなることが心理的治療に有益であるというメカニズムを理解するのに役立ちます。
私たちの脅威への対応をオフにすることによって、私たちは自分たちの免疫システムを強化し、自分自身に最高の癒しのチャンスを与えます。
今後の研究で、私たちの方法が、うつ病の再発などの精神的健康問題を抱える人々でこれを調査するのに役立つことを願います。」


5つあるグループのうち、ある比較グループは彼らの批判的な内なる声に集中するよう指示されました。
結果として彼らは汗をかき始め、そして彼らの心拍数は上がりました。


共同研究者であるWillem Kuyken教授は次のように述べています。

「うつ病が再発している人はより自己同情的(セルフ・コンパッション)になることを学ぶと、特にマインドフルネスに基づく認知療法から恩恵を受けます。」

 

自分のことを考えるための1つの方法として、ビッグ5などの性格診断を利用するとよいかもしれません。

あなたの性格がわかる科学的な性格診断 - 俺の言うことを聞いてくれ。

 

内向的な人は自他の心理を分析することに長けていることが分っていますので、ちゃんと自分のことを考える時間を設けてはいかかでしょうか。

www.jangatips.com