俺の言うことを聞いてくれ。

内向的な研究者によるブログ。アンチエイジング/人間関係/性格分析を記事にしています。

ある写真をみると自分の思考が落ち着くという研究

ããªã¼åç éªã¨é²ã«è¦ãããå±±èã®é¢¨æ¯

この研究はジャーナルPsychological Research()に掲載されました。


結論から言うと、
「寒さ」を想像させる写真は自分の思考を落ち着かせる、と新しい研究は報告しています。
冷たい環境の中で自分自身を想像することはどんな感情的な反応でも「冷やす」のに役立ちます。


研究により、実際に寒いと感じている人がより認知的コントロールを示すことがすでに示されている、とShalev博士は述べた。
「以前の研究では、「認知制御」として知られる心理的現象に対する温度の実際の影響に焦点が当てられていました。
しかし、これが私たちが体感温度の影響を測定できたのは今回が初めてです。」


研究のために、人々は単に動いている物体への他の方向を見るように頼まれました。
目は動いている物体に向かって自然に引き寄せられるので、これは難しいことがあります。
以前は、夏の風景を見せた人もいれば、冬の景色を見せた人もいました。
彼らは絵の中にいることを想像しなければなりませんでした。


シャレブ博士はこう言っています。 
「結果は、寒さの風景を見ている人がより良く、そして物理的な引き金がなくても、
認​​知制御は概念的なプロセスだけを通して活性化されることができることを示しました。
暖かさのシグナルがリラックスした態度を誘発する間、冷たいシグナルは注意力とより大きな認知制御のための可能性のある必要性を引き起こします。」