俺の言うことを聞いてくれ。

内向的な研究者によるブログ。アンチエイジング/人間関係/性格分析を記事にしています。

内向的な人はある能力が優れているという研究

ããªã¼åç å ¤é²ã§èª­æ¸ãã¦ããå¤å½ã®å°å¹´
この研究はジャーナルSocial Psychology()に掲載されました。


内向的である人々は自然に人間の心理を把握することに長けている、と新しい研究は発見します。
結論は心理学の訓練を受けていない人々が基本的な心理現象のテストを受けたという研究から来ています。


より悲観的で内向的であることに加えて、テストの最高得点者はより賢くそしてより好奇心が強い人でした。
この研究の最初の著者であるAnton Gollwitzer氏は次のように述べています。
「内向的な人々は陽気で外向的な人々のように、彼らはバラ色の眼鏡を通して世界を見ることはしません。」


調査に参加した心理学を学んでいない1,000人以上の人々に人間の心理に関する問題を回答させたそうです。


内向的な人々がこれらのテストでよりよい成績を得たという事実は興味深い、とゴルウィッツァー氏は言っています。

「内向的な人々は、他人との交流に忙しい人々よりも、人間の性質を観察するのにより多くの時間を費やしているか、動機づけの偏りが少ないため内観的に正確です。

いずれにしても、これは内向性の評価されていない強さを示しています。」

 
内向的な人々が良い「自然」心理学者であることは、自分自身と他者のより正確な見解を持つことから生じている、と研究者たちは見出しました。


ゴルウィッツァー氏は次のように述べています。
「これらの「自然な」社会心理学者は社会現象をよりよく理解しているので、
私たちの社会における社会の変化を解釈し予測することさえできるかもしれません。
おそらく彼らは私たちの現在の統治と権力の位置から欠けているものです。」