俺の言うことを聞いてくれ。

内向的な研究者によるブログ。アンチエイジング/人間関係/性格分析を記事にしています。

ハンモックで寝るとよく寝れて記憶力も高める!という研究

ããªã¼åç ãã³ã¢ãã¯ã«ä¹ã£ã¦èªç¶ã®æ¯è²ãæºå«ãã女æ§

この研究はジャーナルCurrent Biology ()に掲載されました。

 

研究によると、
ハンモックのようにゆらゆらして寝ると睡眠が改善され記憶力を高める、報告しています。

子供が優しく揺りかごで眠るように揺り動かされたように、大人も睡眠中の揺れ運動に反応します。
研究の中で眠りについている人は早く眠りについたそうな。
彼らはより深い眠りにつき、思い出をより効果的に統合しました。
ベッドは4秒に1回約10 cmずつ左右に穏やかに揺らしたみたい。


共著者のLaurence Bayer博士は次のように述べています。

「良い睡眠が取れることは急速に眠りに落ちることを意味し、一晩中眠っていることを意味する。
私たちの被験者はたとえ彼らが皆眠っていても、揺れているとより早く眠りに落ち、夜間の覚醒が少なくなるにつれてより深い睡眠時間が長くなりました。
私たちはこのように揺れが睡眠に良いことを示しています。」


研究は、睡眠が実験室でモニターされた18人を含みました。
その結果、穏やかに揺動するベッドで眠っていた人は、より早く眠り、しっかりと眠り、目覚めたときにより良い思い出ができたことがわかりました。
さらなる調査は、睡眠中の穏やかな揺動が脳の視床皮質領域の神経活動を同期させるのに役立つことを示しました。
この領域は、メモリの統合と睡眠にとって重要です。


著者は次のように結論しています。

「一晩の睡眠にロッキングベッドを使用して、リズミカルな感覚刺激を適用することで、健康的な眠っている人の深い睡眠と記憶の強化を促進します。
これらの効果は、SOの増加と睡眠紡錘波(すなわち、高速紡錘波)に依存している可能性があり、これは、我々が提案しているのは、視床皮質活動の揺動による周期的同調によるものである。」


以前の研究ではまた、揺れ動くと45分の昼寝がよりさわやかになることが示されています。
ハンモックで昼寝をすることは普通の椅子に座っているよりも良いかもしれません。