俺の言うことを聞いてくれ。

内向的な研究者によるブログ。アンチエイジング/人間関係/性格分析を記事にしています。

あることを考えると血圧が下がるという研究

ããªã¼åç æãã¤ãªãã§çç ´ããããã«ãçºãã¦ããã«ããã«
この研究はジャーナルPsychophysiology()に掲載されました。

 

研究によると、
恋人について考えることはストレスによる血圧上昇を下げることができる、と新しい研究は発見します。


実際恋人について考えることは血圧を下げることにおいて、恋人が直接そこにいるのと同じくらい効果的だとのこと。
研究のために、102人が冷たい水の中に手を入れることを含むストレステストを受けました。その結果、恋人を考えたり、恋人を部屋に入れたりすると血圧が下がることがわかりました。


この研究の最初の著者であるKyle Bourassa氏は次のように述べています。

「これはロマンチックな関係にあることが、人々の健康をサポートする可能性があることを示唆しています。
それは、一日を通してストレスやより低いレベルの心血管反応性への対処を可能にすることです。
そしてあなたの恋人をサポートの源として考えることは、実際に彼らが存在するのと同じくらい強力になることができるようです。」


この研究は、愛を持っている人々がなぜより健康的になるのかを説明するのに役立ちます。
ブラッサ氏は次のように述べています。

「人生はストレスでいっぱいです。
このストレスを管理するための1つの重要な方法はパートナーと直接、またはその人の精神的イメージを求めることによっての、
私たちとの関係によるものです。
仕事中、学校での試験中、あるいは医学的処置中でさえも、私たちが自分の血圧反応性の程度を制限することから利益を得るであろう多くの状況があります。」