俺の言うことを聞いてくれ。

内向的な研究者によるブログ。アンチエイジング/人間関係/性格分析を記事にしています。

ある栄養は脳にいい影響をあたえるよ!という研究

ããªã¼åç ããããã®å°é­ãå¥ããããã¡ããª

この研究はジャーナルNeurologyに掲載されました(

 

結論から言うと、
オメガ3脂肪酸を十分に含む食事は記憶喪失のリスクを減らすのに役立つ、と研究は見つけます。

 

低レベルのオメガ3脂肪酸を持つ人々は、記憶力、注意力および問題解決のテストでより悪いスコアを出します。


この研究の最初の著者であるZaldy S. Tan博士は次のように述べています。

「オメガ3脂肪酸の血中濃度が低い人は、脳の体積が少なく、約2年間の構造的な脳の老化に相当します。」

 

最も重要なオメガ-3脂肪酸はエイコサペンタエン酸とドコサヘキサエン酸で、EPAとDHAとして知られています。

 

健康な若者でさえ、オメガ3の摂取量を増やすことで記憶力を向上させることができる、と他の研究は見出しています。

 

この研究には、認知症ではない高齢者1,575人が含まれています。

彼らは血流中のDHAとEPAのレベルと同様に、彼らの記憶、注意と問題解決のテストを受けました。

結果は、脂肪酸レベルの下位25%の人たちがより低い脳容積を持ち、認知テストでより悪いスコアを持つことを示しました。

 

オメガ3脂肪酸は青魚の脂肪分に多く含まれる、海洋由来のDHA、EPAと同じ仲間の脂肪酸です。
ナッツ類ではくるみなどに多く含まれる脂肪酸ですので、意識して摂取したいところ。