俺の言うことを聞いてくれ。

内向的な研究者によるブログ。アンチエイジング/人間関係/性格分析を記事にしています。

健康になりたければ靴を脱げ!はだしで走ると脳に良いという最新の研究

ããªã¼åç å¤æ®ãã®éè·¯ã裸足ã§æ­©ãç·æ§

この研究は学術誌Perceptual and Motor Skillsに掲載されました()。


研究によると、
裸足で走ることで記憶力が向上する、と新しい研究は報告しています。


裸足で走っていると脳に余分な負担がかかるため、脳にとって利益があるのかもしれません。
例えば、石やあなたの足を傷つける可能性のある何かを避けなければならないようにです。


この研究でテストされた記憶の種類は「ワーキングメモリ」と呼ばれます。
脳はワーキングメモリを使って情報を思い出し、処理します。


この研究の最初の著者であるTracy Alloway博士は、次のように述べています。

「ワーキングメモリは重要な認知スキルとしてますます認識されるようになりました。
これらの発見はワーキングメモリを向上させる楽しい方法を探している人々にとって素晴らしいニュースです。」

 
この調査では72人が2つのグループに分かれ、片方のグループには靴を履いて約15分間走った。
その後の記憶テストでは、裸足で走っている人がワーキングメモリテストで16%良くなったことを示しました。


Allow Alloway博士は続けた。

「ささいなことが最も大きな影響を与えることがよくあります。
この研究は私達が私達の認識能力を実現し、同時に私達自身を楽しむことができることを私達に示している。
靴を脱いで走りに行けば、始めたときよりも賢くなることができます。」

 

普段なかなかはだしで走る場面がありませんが、足袋や5本指のトレーニングシューズなど地面の感覚を感じれるような靴なら同等な効果が得られると思います。