俺の言うことを聞いてくれ。

内向的な研究者によるブログ。アンチエイジング/人間関係/性格分析を記事にしています。

ある食べ物が好きな人は反社会的な性格を持っているかもという研究

ããªã¼åç é»èæ¯ã¨ç·æ§ã®é¡
この研究はジャーナルの食欲()に掲載されました。


苦い味が好きな人は、サイコパス、ナルシシズム、そして日常的なサディズムに関連している、と新しい研究は報告しています。

 

したがって、トニックウォーターや濃いコーヒーを好むということは性格にサイコパス的傾向があることを示している可能性があります。
対照的に、苦い嗜好が嫌いな人はより愛想の良い傾向がある、と研究者らは発見した。


研究のために500人の男性と女性が食物のリストを見せられました。それらのうちのいくつかは塩味、酸味、苦味と甘味でした。

 

含まれるいくつかの一般的な苦い食べ物や飲み物は大根、無糖ココアなどでした。
そして、人々はそれぞれの食べ物や飲み物がどれだけ好きかを評価し、性格テストを行ったそうな。


サイコパス傾向がある人は感覚を求めて楽しんでいるので、苦い味はそのような人格を持つもの人に特に魅力的かもしれません。