俺の言うことを聞いてくれ。

内向的な研究者によるブログ。アンチエイジング/人間関係/性格分析を記事にしています。

脳に良い影響をもたらすかも知れないあるサプリとは

ããªã¼åç è£è´å¨ãã¤ãããããããã®æ¨ªé¡

この研究は雑誌PLoS ONEに掲載されました()。

 

研究によると、
ビタミンB群は軽度の記憶障害を持つ人々の脳収縮率を減少させる、と報告しています。

2年間に渡って摂取された高用量のビタミンB群(葉酸、ビタミンB 6およびB 12 ) は記憶および思考の試験に関するより良い得点に関連していたとのこと。


70歳以上の6人に1人が軽度の認知障害を持っています。
これらの人々の約半数が5年以内にアルツハイマー病を発症し続けます。

 

共同執筆者であるDavid Smith教授は次のように述べています。
「この単純で安全な治療が軽度の記憶障害を患っている多くの人々のアルツハイマー病の発症を遅らせることを私たちは望んでいます。
今日、英国には150万人、米国には500万人、ヨーロッパには1400万人の高齢者がいます。」

 

この研究では、70歳以上の168人のボランティアに2年間プラセボまたは高用量のビタミンB錠を投与しました。
脳スキャンは、Bビタミンを摂取した人の脳の収縮が50%減少したことを示しました。
脳の収縮率が低いことは、認知テストのスコアの向上にも関連していました。

 

スミス教授によると、

「これらは非常に有望な結果ですが、特定のビタミンB群がアルツハイマー病の発症を遅らせるか防ぐことができるかどうかを結論づけるために、
もっと多くの試験をする必要があります。
だから私はまだ少しの記憶障害を心配し始めている人は医者に診察せずに、ビタミンBサプリメントを買うべきではないとお勧めしません。」

 

Alzheimer's Research Trustの最高責任者であるRebecca Woodは次のように述べています。

「これらは非常に重要な結果です。
Bビタミンは現在、老年期にアルツハイマー病から何人かの人々を保護する見込みを示しています。
この強い知見は、アルツハイマー病を発症すると予想される人々を追跡するための拡大試験を促すものでなければならず、我々はさらなる成功を願っています。
人口の高齢化に伴い、この状態で暮らす人々の急激な増加を防ぐために、認知症の研究を支援することが切実に必要です。
研究は私たちの時代の最大の医学的課題であり続けているものに対する唯一の答えです。」

 

2010年に行われたこの研究の後、他の研究はビタミンB群がアルツハイマー病に有益かどうかを疑問視しているそうです。
しかし、この分野の研究は続けられています。