俺の言うことを聞いてくれ。

内向的な研究者によるブログ。アンチエイジング/人間関係/性格分析を記事にしています。

肥満を馬鹿にされることは体重増加につながるという研究

ããªã¼åç ãã³ãã¼ã¬ã¼ã¨ãã©ã¤ãããã

この研究はジャーナルObesityに掲載されました(

アメリカでは肥満の問題が深刻のようです。

 

研究によると、
体重を馬鹿にされることは減量に対する最も大きな障壁のである、と研究は発見しています。
残念なことに体重を馬鹿にされることは体重増加につながるとのこと。


太った恥ずかしがり屋の人々は、研究の4年間でさらに平均3.5ポンド(1.6 kg)の増加がありました。
しかしながら、差別を経験しなかった人々は体重を減らしたそうな。


体重を馬鹿にされることの具体例は、

  • 脅迫されたり嫌がらせを受けたりする。
  • 店舗やレストランの人々から貧弱なサービスを受けている。
  • 失礼に扱われている。


体重を馬鹿にされること(ファットシェイミング)は体重を減らすのを促進するという一般的な認識があります。
この研究はこれが真実ではないことを強調して示しています。


この研究の主執筆者であるサラ・ジャクソン博士は次のように述べています。

「体重は人を差別する理由になりません。

我々の結果は、体重差別は体重減少を促進しないことを示しており、体重増加をさらに悪化させる可能性があることを示唆している。

これまでの研究で、差別を経験している人々は怠慢な食事を報告していることがわかりました。

差別に対するストレス反応は、特に不健康でエネルギー密度の高い食物に対して食欲を増す可能性があります。」 

 

結論は4年間追跡されたイギリスの2,944人の人々の研究から来ています。

その結果、肥満者の36%が体重差別を経験したことが示された。

体重の差別を受けた人たちは平均2ポンド(1kg)の体重が増加、

差別を経験しなかった人たちは平均1.5ポンド(0.7kg)を減量したそうな。


共同研究者であるJane Wardle教授は次のように述べています。

「我々の研究は、体重差別が肥満問題の一部であり、解決策ではないことを明確に示しています。

そして多くの肥満患者は体重のために医者によって失礼に扱われていると報告しています。

医師を含む全員が、自分の体重のせいで人を責めることをやめて恥じることをやめ、支援を提供し、適切な場合には治療を行うべきです。」