俺の言うことを聞いてくれ。

内向的な研究者によるブログ。アンチエイジング/人間関係/性格分析を記事にしています。

米国睡眠医学アカデミーによる睡眠のコツ

 ããªã¼åç ãããã®ç«ã¨ç®ãéããå¤å½äººå¥³æ§
このアドバイスは米国睡眠医学アカデミーの提言に基づいています。


定期的な睡眠スケジュール、就寝前のルーティン、そして睡眠の優先順位付けをすることで、人々はよりよく眠ることができます。


定期的な睡眠スケジュール


夜は同じ時間に就寝し、朝も同じ時間に起きます。週末はこの日課を守ってください。寝だめは止めてください。
睡眠障害の治療の専門家であるパルティ博士は、次のように説明しています。

「日曜日の朝にずっと寝ている人は、日曜日の夜の就寝時間では眠れず、そのため月曜日の目覚めは困難になります。これは月曜からスケジュールを遅らせることになります。可能であれば、週に7日、就寝と同時に(少なくとも1時間以内に)起きるようにするのが最善です。


就寝前のルーチン


体と脳は寝る前にゆっくりと時間をかける必要があります。消灯するまでの準備の中で同じ手順を踏むことはあなたがよりよく眠るのを助けるでしょう。

 パルティ博士は次のように述べています。

「毎晩寝る前に同じことをしてください。就寝の準備をする10分のルーチンは良い考えです。私たちの脳は、「オン」から「睡眠時間」に移行するための時間を必要とします。


睡眠を優先する


朝起きるときだけでなく、就寝前の30分に目覚まし時計を設定してみてください  。
パルティ博士は次のように述べています。

「翌日の午前6時に起床する必要があることがわかっている場合は、夜の9時30分に目覚まし時計をセットしてください。それはあなたが就寝する必要がある前にあなたが30分前にいることをあなたに警告することができます。」


スクリーンフリーゾーン


最後に、寝室をスクリーンフリーゾーン(ブルーライトカット)に変えてください。電子機器から発せられた光がメラトニンの放出を減少させることを示す研究があります。

 

どれも基本中の基本ですね。年始から仕事が忙しいと思いますががんばっていきましょうー!