俺の言うことを聞いてくれ。

内向的な研究者によるブログ。アンチエイジング/人間関係/性格分析を記事にしています。

SNSの写真だけで性格を5つに分類できるよ!という研究

ããªã¼åç 足ãçµãã§ãã³ãã«åº§ã女æ§

この研究はジャーナルAAAI DIGITAL LIBRARYに掲載されました。



新しい研究によると、

プロフィール写真は性格についての手がかりを明らかにする、としています。

 

研究内容は、

何千ものTwitterユーザーの写真が性格の分析の為に研究されたそうな。

 

性格を分類するために基準とされた指標は有名なビッグ5を使用しているとのこと。

ビッグ5については下記を確認してみてください。

あなたの性格がわかる科学的な性格診断 - 俺の言うことを聞いてくれ。

 

以下は、パーソナリティの5つの側面のそれぞれを見分ける方法です。


1.誠実性の高い人

より誠実性の高い人々は、より自然で、カラフルでそして明るい写真を使用しました。

彼らはすべての異なる人格の種類の中で最も感情を表明しました。

これはおそらく、誠実性の高い人々が他の人に期待されることをしたいという事実を反映しています。


2.開放性の高い人

開放性のある人は、最高の写真を撮ることがよくありました。コントラストが高いほど、鮮明に見える傾向がありました。

彼らの写真はより芸術的または珍しいものになる傾向があり、彼らが映っている顔は枠の中で大きくなっていました。


3.外向性の高い人

外向性の高い人はよりカラフルな画像を使用し、単なる自分ではなく一群の人々を見せる傾向がありました。

そして通常カメラでフラッシュをたいていたそうな。


4.神経症的傾向が高い人

神経症的傾向が高い人は、色の少ないシンプルな写真を使用する傾向がありました。

彼らは無表情を見せたり、自分の顔を隠している写真が多かったとのこと。


5.協調性が高い人

協調性が高い人は自分の比較的貧弱な写真を投稿しています。

でも彼らはおそらく笑っていて絵は明るく活気があります。

 

研究の著者は調査結果を要約します。

「開放性や神経症的傾向のどちらかが高いユーザーは、写真を掲載する枚数が少ないです。

グループ間の違いは写真の美的品質にあり、開放性が高い人ほど高く、神経症的傾向が高い人は低いです。

誠実性、協調性、または外向性の高いユーザーは、少なくとも1つの顔を持つ写真を好み、顔の表情を通して前向きな感情を表現することを好みます。

誠実性が高いなユーザーは、プロフィール写真に期待されることを投稿します。

つまり、すべての特徴の中で最も前向きな感情を表現する1つの顔の写真を投稿します。

協調性や外向性が高い人は感情を伝えるカラフルな写真を定期的に投稿しています。」

 


写真だけども性格特性はわかっちゃうみたいなので、
マッチングアプリなどで分析してみるのも面白いかもしれませんねー。