俺の言うことを聞いてくれ。

内向的な研究者によるブログ。アンチエイジング/人間関係/性格分析を記事にしています。

エール大学の研究があの難病を解決してくれるかも

ããªã¼åç è¬ã¨ä½æ¸©è¨

この研究は、Cell Reports誌 ()に掲載されました。


Supraxと呼ばれる古い抗生物質はアルツハイマー病に関連する記憶の問題を治癒できるかも、とマウス実験でわかったとのこと
*Suprax・・・セフィキシムとも呼ばれているようで淋病などの治癒に使用される抗生物質

マウスに関する研究は成功しているので、チームはアルツハイマー病患者でそれを続けてテストする予定とのこと。

現在、アルツハイマー病を効果的に治療する薬はなく
認知機能低下を遅らせ症状を軽減するのに役立つ可能性のある治療法だけがあります。

 

研究の段階


エール大学を拠点とするチームは、この疾患の初期段階を妨げる化合物を調査しているようで、

共同研究者であるStephen Strittmatter教授は次のように述べています。
「シナプスネットワークに治療効果をもたらす可能性のある分子を見つけたいと思っていました。」


何千もの異なる化合物をスクリーニングした後、それらはSupraxとして知られている古い抗生物質に出会いました。
これはアルツハイマー病の治療を止めるという望ましい効果をもたらしたようです。


マウスでの試験は、この化合物が脳内のシナプス結合を治癒し、それらの記憶が部分的に回復したことを示したみたいで、
次のステップは、ヒトでの試験が始まる前に化合物が毒性がないことを確認することだそうです。


まさか古典的な抗生物質で治るなんて、、