俺の言うことを聞いてくれ。

内向的な研究者によるブログ。アンチエイジング/人間関係/性格分析を記事にしています。

高カロリー高脂肪は脳を弱らせるという研究

ããªã¼åç é£äºä¸­ã®åå

この研究はJournal Physiology and Behaviorに掲載されました (


研究によると、
高カロリーの食事は脳にダメージを与え、より高カロリーの食品を食べることに抵抗がなくなってしまう、と研究は示唆しています。
高脂肪、高カロリーの食事は、海馬と呼ばれる脳の領域を変えてしまうとのこと。


海馬は考えていることを抑制するために非常に重要な領域です。
摂食に関する考えにブレーキをかけないと、肥満を回避することはさらに困難になります。


この研究の最初の著者であるTerry Davidson教授は次のように述べています。

肥満を克服するのが難しいのは悪循環に入っているからです。
高脂肪/高カロリーの食事を食べると、抑制システムが次第に汚染され始めるので、これがあなたが食べ過ぎる原因となります。
そして残念なことに、この抑制システムは物事を思い出し他の種類の思考干渉を抑制するためのものでもあります。」

 

研究内容


結論はラットの研究から来ており、対象グループは高脂肪、高カロリーの食事を与えられていました。
結果は肥満になったラットは記憶課題に関してより多くの問題を抱えていることを示した。


この現象が人間と同じであれば、体重を減らして体重を抑えるのが難しい理由を説明するのに役立ちます。
食物についての考えを抑える能力がなければ、肥満の人々は誘惑に抵抗するのが難しいと感じるでしょう。


Davidson教授は、脳の損傷は永久的になるかもしれないと考えています。

「脳の損傷は永久的になると思いますが、どの時点でそれが永久的になるかはわかりません。
他の研究では、肥満者および以前の肥満者は、肥満になったことのない人よりも、食物を摂取するときの海馬活動が弱いことがわかっています。
体重を減らしたからといって、脳機能が回復するわけではありません。
これは以前の肥満者にとって体重を抑えることがそれほど困難である理由を説明するのに役立ちます。」

 

これは恐ろしいですね。。

食は脳につながり、脳は精神(メンタル)に繋がるようです。