俺の言うことを聞いてくれ。

内向的な研究者によるブログ。アンチエイジング/人間関係/性格分析を記事にしています。

結婚すべきタイミングがわかったぞ!最新の研究

ããªã¼åç æä¼ã§çµå©å¼ãæããã«ããã«
この研究は、Institute for Family Studiesのウェブサイト()に掲載されました。


この結婚に関する研究によると、
28歳から32歳で結婚することで離婚のリスクが最も低くなる、とのこと。
20代前半、または30代後半の結婚はどちらも離婚のリスクが高くなることと関連しているそうな。


最も離婚しやすい結婚は、10代の若者、または20代前半の人、または45歳以降に結婚する人々だそうで。20歳ではなく25歳になるまで結婚するのを待つと、離婚のリスクが50%減少するとのこと。

 

研究内容


結論は9,213人を含む家族の全国調査の分析から来ています。
分析を行ったNick Wolfinger博士は次のように書いています。
20代後半まで結婚を遅らせることは有益であることがわかっています。

しかし、30代後半や40代で結婚すると離婚のリスクが高くなるのはなぜでしょうか。

ヴォルフインガー博士は、
「結婚するのに40代まで待つ人々は、結婚でうまくやることに向いていない人々かもしれません。
たとえば、先天的に不器用な人もいます。そのような人々は当然対人関係に問題があります。
その結果、彼らは結婚を遅らせ、結婚は自動的に離婚の危険性が高くなります。」


なかなか厳しい結果ですね。。
あくまで統計的な結果であることを前提に考えていくのが大切です。