俺の言うことを聞いてくれ。

内向的な研究者によるブログ。アンチエイジング/人間関係/性格分析を記事にしています。

メンタルを改善するあるビタミンとは

 ããªã¼åç æ°é®®ãªéèã¨æç©

この研究は 、東フィンランド大学によって発表されました(


結論から言うと。
たくさんの葉酸塩を含む食事はうつ病リスクの低下と関連している、と研究は報告しています。
葉酸塩には、ビタミンB9、フォラシンおよび葉酸が含まれます。


葉酸の最良の食事源のいくつかは次のとおりです。

  • 野菜
  • フルーツ
  • そして全粒穀物

葉酸レベルは、ひよこ豆、酵母エキス、レンズ豆、そら豆で特に高くなります。


さらにうつ病のリスクを下げるもの

 

体重を減らすことはまたうつ病のリスクの低下にもつながります。

この研究ではジャンクフード、砂糖、加工食品を食べることは、うつ病リスクの増加と関連していました
ソーセージ、砂糖菓子や飲み物、加工食品、加工ポテトなどのより多くの食品を食べた人々はうつ病のリスクが高かった。


結論は2,000人以上の中年男性のフィンランドの研究から来ています。
彼らの食事と精神的健康を監視しながら、彼らは最大20年間追跡されました。


別の関連研究では、140人の男性と女性が2つのグループのうちの1つに割り当てられました。
一方のグループは健康的な食事を食べ、もう一方は通常通り続けました。
結果はまた、野菜、果物、全粒穀物および魚のより高い摂取量を含む健康的な食事がより低いうつ病リスクと関連していることがわかったそうな。
葉酸摂取量の増加は特に重要です。


この研究の著者、Anu Ruusunen博士は次のように述べています。
「この研究は、健康的な食生活がうつ病の予防にだけでなく、その予防にも可能性があるという仮説を補強するものです。」