俺の言うことを聞いてくれ。

内向的な研究者によるブログ。アンチエイジング/人間関係/性格分析を記事にしています。

あることは性格を良い方向に変えるという研究

ããªã¼åç 試ååã«é中ãããã¯ãµã¼ 

この研究はJournal of Research of Personalityに掲載されました(

 

フロリダ州立大学等の研究によると、
身体をよく動かすことは、人々をより外向的に、良心的に、そして親しみやすく、そして新しい経験に寛容にさせるとのこと。
これらの人格に変わることの利点のいくつかは次のとおりです。

 

  • 良心性が高ければ高いほど、人生での成功につながる
  • 外向性の高い人はより肯定的な感情を経験する
  • 経験に寛容なことは、創造性と知性につながっています。

これらの性格の変化は何年にもわたって文書化されてきました。


当然、座りがちな残りは人格の反対のパターンにリンクされています。
座りがちな人は、あまり賛成できず、より内向的になり、経験に関心がなくなり、良心的でなくなる傾向があります。


良い知らせは長年にわたって比較的少量の運動だけで人格に前向きな変化をもたらすのに十分であるということです。

 

研究内容


この研究は、20年以上にわたって6000人以上の中年の人々を追跡しました。


すべての人格調査を完了し、彼らがどれだけの身体活動をしたかの詳細を示したとのこと。運動が人格の変化に結びつく可能性があるさまざまな方法があります。


研究の著者はこう書いている。
「身体的に活動的でないライフスタイルは虚弱のリスクが高く、精神的および身体的な健康の悪化、記憶および実行機能が低下など、長期にわたる生物学的、健康的および認知的な結果をもたらします。

そのような結果は、または探索的で好奇心旺盛になる傾向の減少など、人格に長期的な影響を及ぼす可能性があります。」