俺の言うことを聞いてくれ。

内向的な研究者によるブログ。アンチエイジング/人間関係/性格分析を記事にしています。

マインドフルネス瞑想で性格を変えられるという研究

ããªã¼ åçåç¦ãçµãã§çæ³ããå¤å½äººç·æ§

この研究は、マインドフルネス誌に掲載されました ()。


研究によると、
瞑想はより高いレベルの外向性と経験への開放性、およびより低いレベルの神経症的傾向に関連している、と報告しています。

 

外向性、開放性、神経症的傾向はビッグ5と呼ばれる性格特性の一部で過去記事詳しく解説をしています。

www.jangatips.com

 

簡単に解説すると、

 

開放性は受容的で好奇心旺盛であり、想像力豊かで感情に敏感なことの性質。
神経症的傾向は、不安、悲しみ、過敏性、そして自意識と強く関連している性格特性です。
外向性は他の人々と関わることのそのよく知られた属性と共に、より高いレベルの前向きな感情に繋がっています。


言い換えれば、瞑想する人々はよりポジティブな感情と少ないネガティブな感情を持つことができるとされています。

 

研究内容

 

結論は70人の被験者の研究から来ており、その半数はマインドフルネス瞑想を経験していました。
結果はより長い瞑想を練習していた被験者の多くの人格が変わったことを示しました。

具体的には、より多くの瞑想でより高いレベルの開放性と外向性とより低いレベルの神経症的傾向を示したとのこと。
マインドフルネスは経験に対する開放性を高めるのに特に効果的かもしれません。

 

研究の著者によると、
「広い範囲の思考、感情、そして経験への自発的な暴露を開始することは、
MM [マインドフルネス瞑想]の実践によって開放性の向上が期待できることを示唆しています。」