俺の言うことを聞いてくれ。

内向的な研究者によるブログ。アンチエイジング/人間関係/性格分析を記事にしています。

『Dry January』(1月の禁酒)って科学的に根拠あるの?

ããªã¼åç åãæ ªã®ä¸ã«ç½®ããããã¼ã«

 

『Dry January』は1月の1ヶ月間アルコールを断つというアメリカやイギリスで企画されている禁酒キャンペーンです。

詳細については、Dry Januaryの Webサイト (イギリス)を参照してください。


結論から言うと、
「1月」にアルコールを禁酒するとほとんどの人が体重が減る、と新たな研究が発見しています。
減量に加えて、より良​​い睡眠、より多くのエネルギーと増加した集中力が得られると報告しています。

 

研究内容

 

その結論は、2018年の「Dry January」に参加した800人以上の人々の調査から得られたものです。
人々は1月にアルコールをあきらめることによる恩恵の巨大な範囲を報告しました。


93%が達成感を持っていました。
88%がお金を節約しました。
82%がお酒との関係についてもっと深く考えています。
80%が飲酒を管理していると感じています。
76%が、いつ、なぜ飲酒するのかについて、さらに詳しく知りました。
71%が楽しむためにお酒は必要ないと気づいています。
70%が全般的に健康状態が改善しました。
71%がよりよく眠りました。
67%がより多くのエネルギーを持っていました。
58%が減量しました。
57%がより良い集中力を持っていました。
54%が肌が良くなった。

 

研究者のコメント


調査を主導したRichard de Visser博士は次のように述べています。
1ヵ月間禁酒するという単純な行動は、人々が長期的により少ない飲酒を手助けをします。
10人に9人がお金を節約し、10人に7人が睡眠を改善し、5人に3人が体重を減らすという、すぐに役立つ利点もあります。」


Alcohol Change UKのCEOであるRichard Piper博士は次のように述べています。
「簡単に言えば、1月の禁酒は人生を変えることができます。
『Dry January』を使って禁酒をし、その結果、より健康で幸せな人々から毎日聞いています。
Dry Januaryの素晴らしいところは、1月だけのことではないということです。