俺の言うことを聞いてくれ。

内向的な研究者によるブログ。アンチエイジング/人間関係/性格分析を記事にしています。

父親は娘にある影響を与えてしまうという研究

ããªã¼åç 家æãä¹ãè¾¼ããã¡ããªã¼ã«ã¼
この研究はジャーナルJAMA Psychiatry()に掲載されました。


最新の研究によると、
子供の生後にうつ病を経験している父親は、自分の娘たちにうつ病を「伝える」ことになると報告しています。
平均して約20人に1人の父親が産後うつ病を経験しているとのこと。

 

研究内容


結論はイギリスの3,176組の家族の研究から来ています。

父親の出生後のうつ病と彼らの息子との間にうつ病の関連性は見られませんでした
なぜ娘だけが影響を受けるのかはっきりしていませんが、
父親のうつ病は家族の機能に影響を及ぼし、紛争や母親のうつ病につながる可能性があります。
思春期の父と娘の間の特別なつながりが原因かもしれません。

 

著者のコメント


共著者のPaul Ramchandani教授は次のように述べています。
「私たちの研究は生まれてから18歳までの若い人たちに対して、
自分たちのうつ病の経験についてインタビューしたときに報告されたものです。
生まれたときに父親が鬱病に陥っていた若者は、18歳で鬱病のリスクが高まりました。
私たちはまた、父親のうつ病が子供たちに影響を与えたかもしれない方法のいくつかを見ることができました。


父親のうつ病は、家族全員のストレスレベルの上昇と関連しており、これが子孫に影響を与える可能性がある1つの可能性かもしれないです。
このように多くの子供たちが親のうつ病に冒されることはないでしょうが。
この研究の調査結果は、鬱病を経験する可能性のある母親だけでなく父親にも適切な援助を提供することの重要性を強調しています。」

父方のうつ病支援を行ったマーク・ウィリアムズ氏は、次のように述べています。

「家族と仕事をしてきた私の経験では、
沈黙に苦しんでいるのは父親だけなのですが、残念ながらご両親になった後で精神的健康について質問される人はほとんどいません。」


女性の方が共感能力が高いとされているからでしょうか。
逆にポジティブな影響も娘たちには反映されるような気がしますね。