俺の言うことを聞いてくれ。

内向的な研究者によるブログ。アンチエイジング/人間関係/性格分析を記事にしています。

少しのアルコールでも脳に悪影響がでるよ!という研究

ããªã¼åç ãã¼ã«ãµã¼ãã¼

この研究は雑誌Alcoholism:Clinical&Experimental Researchに掲載されました()。


研究によって、
アルコール摂取は長期的な脳障害と関連していることが報告されています。
脳障害として、記憶力、問題解決能力、そして感情を読む能力を損なう可能性があります。

 

研究内容


この研究には30人が参加し、そのうちの半分はアルコール依存症から復帰した被験者だそうで、
顔から感情を読むことがどれほど上手であるかのテストを受けている間、彼らの脳はスキャンされました。
その結果、アルコール依存症から復帰した被験者の結果が悪かったのこと。
感情を処理するために重要な脳の領域 ( 扁桃体 ) は、アルコール依存症の回復においてそれほど強くは反応はしなかった。

 

ちょっとのアルコールでもダメ!


適度なアルコール摂取でさえも脳の損傷や精神的能力の悪化につながるそう。
低濃度のアルコールでさえ脳に有益であるという証拠はほとんどまたは全くありません。


この研究の最初の著者であるKsenija Marinkovic博士は次のように述べています。
「ほとんどの体の臓器と同様に、脳は過度のアルコール摂取による影響に対して脆弱です。
最も一般的な障害には、記憶障害、推論能力の低下および問題解決能力、ならびに感情異常が含まれます。」


当然、アルコール依存症は脳障害になるリスクがはるかに高いとのこと。
この1つの側面は、顔の感情を読むことの欠陥です、とMarinkovic博士は言いました。
「アルコール依存症患者は、人々の顔の感情表現を判断するのに問題があります。
これは、感情的な状況の間で誤解を招き、不必要な対立や対人関係の困難につながる可能性があります。
その結果として生じる悪影響は、結果的に飲酒の増加にもつながります。」