俺の言うことを聞いてくれ。

内向的な研究者によるブログ。アンチエイジング/人間関係/性格分析を記事にしています。

ファーストフードを包む包装紙が実はヤバいかも最新の研究

ããªã¼åç ãã©ã¤ãããããé£ã¹ã女æ§


この研究はジャーナルEnvironmental Science&Technology()に掲載されました。

 

研究によると、
既製食品包装は食品を汚染し健康問題を引き起こす可能性のある有害な化学物質が含まれている、と報告しています。

包装がヤバいとはこれは盲点でした。。

 

ファーストフード別の盲点


ファーストフードが体に悪いというのは当たり前にわかっている話ですが、さらに抵抗を示す理由があります。

研究者らは400を超える包装材料のサンプル中に、
PFASs(ペルフルオロアルキル化合物)と呼ばれるフッ素化合物を発見しました。
サンプルの中にはペストリーバッグ、フレンチフライコンテナ、飲料カップ、ハンバーグ、サンドイッチ包装紙が含まれていました。

この研究では、板紙(段ボールみたいなやつ)の20%、ハンバーガーとサンドイッチの包装紙の38%、デザートとパンの包装紙の56%がこれらの化学物質を含んでいることがわかりました。

PFASは、防水または防汚包装、消火剤および焦げ付き防止調理器具などの多くの製造業および工業生産で使用されています。

過去の研究では、PFASと妊孕性の低下がんのリスクの増加、および子供の発達上の問題との関連性が示唆されています

PFASは食物を連鎖させて汚染する可能性があり、消費後に私たちの体はそれらを簡単に取り除くことができないので、
それらは長年にわたって体内に蓄積するとされています。

研究者のコメント


この研究の研究者、Graham Peaslee教授は次のように述べています。

これらの化学物質は生分解しません。自然に分解されないのです。
そして環境中で非常に長い間持続します。」

これらの化学物質の有毒な蓄積は、甲状腺疾患、子供の出生時体重および免疫毒性、
腎臓癌および精巣癌などのいくつかの健康問題にも関連しています。

Peaslee教授はさらに、

「こいつは本当にしつこい化学物質です。それは血流に入り、それはそこに留まりそして蓄積する。
それに関連する病気があります。」


国立健康統計センターによると、米国の子供たちの3分の1は毎日ファーストフードを消費しているとのこと。
アメリカの食事療法におけるファーストフードの役割を考えるとき、これらの化学物質によって引き起こされる損害は無視することができません。
日本もガンガン新しいファーストフード店が輸入されているので他人ごとではありません。

 

(この研究では、米国のスターバックス、バーガーキング、マクドナルド、ジミージョンズ、チポトレ、パネラ、チックフィルAなど、27のファーストフードレストランチェーンからサンプルを収集しました。)