俺の言うことを聞いてくれ。

内向的な研究者によるブログ。アンチエイジング/人間関係/性格分析を記事にしています。

頭が良くなる食べ物がわかったみたい!最新の研究

ããªã¼åç éèã®å¥ã£ããã¦ã«ãæ±ããå¤å½äººå¥³æ§


この研究は「Frontiers in Aging Neuroscience」()のジャーナルに掲載されました。


緑豊かな野菜を食べることは生涯にわたって知性を維持する、と研究は報告しています。
葉菜やその他の食品には、老化から脳を保護する植物色素であるルテインが含まれているとのこと。
ルテインは脳の細胞膜に集まり、「神経保護」の役割を果たします。
高レベルのルテインを含む食品には、ケールやほうれん草などの緑豊かな野菜ブロッコリー、カリフラワー、キャベツなどがあるそうな。


この研究の最初の著者であるMarta Zamroziewicz博士は次のように述べています。
「以前の研究では、ある人のルテイン状態は寿命全体にわたる認知能力に関連していることがわかりました。
研究はまた、ルテインが健康な脳老化における認知機能の保存の根底にあることが知られている脳領域の灰白質に蓄積することを示しています。」


研究内容

 

血中により多くのルテインを持つ人々は知能テストで良かった、と研究は報告しています。
この研究では、65〜75歳の122人が結晶性知能検査を受けました。
結晶性知能は一般的な知識に似ています。
血液検査では、より高レベルのルテインを持つ人がこれらの検査でよりよいことを明らかにしました。
スキャンはまたルテインが脳の重要な領域を保存するのを助けたことを明らかにしています。


共同研究者のAron Barbey教授は次のように述べています。
「我々の分析は、脳の右側にある海馬傍皮質の灰白質体積がルテインと結晶性知能との間の関係を説明することを明らかにした。

この研究はどの脳領域が結晶性知能の保存に特に役割を果たしているのか、
そして食事などの要因がその関係にどのように寄与しているのかについての最初の手がかりとなります。」

 

緑野菜はマストで摂取しましょう!