俺の言うことを聞いてくれ。

内向的な研究者によるブログ。アンチエイジング/人間関係/性格分析を記事にしています。

内向的な人はある場所を好むという研究

ããªã¼åç å±±ã®ä¸ã®å²©ã§éç«ã¡ããç·æ§ã¨æé½ã®é¢¨æ¯

こんにちは、ジャンガです。

私は年を重ねるごとに山に魅了されている人間でありまして、休みになると無性に山に登りたくなってしまいます。

そこで今回の研究は都市と性格の研究でございます。

 

人格と場所に関する研究()の結論として、
内向的な人は山を好むと最新の研究は報告しています。
人々は山岳地帯をより平和で平穏であると見なしています。


その一方で、外向的な人は平らで開かれた場所を好む傾向があります。
このような場所は人が集まりやすく、よりエキサイティングで社交的で刺激的と見られています。
研究はまた、内向的な人は確かに山岳地帯に住む可能性が高い一方、
外向的な人はアパートの上階に住む傾向があることを報告しています。

 

人格と都市の研究


人格に関する別の研究は、
自分の人格と一致する都市だとより自尊心が高くなるかもしれないことを発見しました。


この研究を主導したWiebke Bleidorn博士は次のように述べています。
「ニューヨーク市のような開放的な都市では、経験への開放度が低い人は有意に自尊心が低かったが、
アラバマ州タスカルーサなど経験への開放度が比較的低い都市では自尊心が比較的高いことが分かりました。


言い換えれば、彼らの性格が都市と一致するとき、人々はより高い自尊心を持てるということです。
あなたが心をオープンにしているなら、開放的な場所に住む方が得策です。