俺の言うことを聞いてくれ。

内向的な研究者によるブログ。アンチエイジング/人間関係/性格分析を記事にしています。

異性の感情が愛なのか欲なのか判別できたという最新の研究

ããªã¼çµµç» ã«ã¤ï¼ã¸ã£ã³ï¼ãã©ã³ã½ã¯ã»ã©ã°ã«ãä½ãã¢ã¢ã¼ã«ã¨ãã·ã¥ã±ã

ジャーナルPsychological Science()に掲載されています。

 

異性があなたの目を覗くとそれはロマンチックな愛である。しかし、その後に目があなたの体を滑り落ちるならば彼らはおそらく性的欲求を感じている、と研究は報告しています。

 

この自動判断はわずか0.5秒で起こり、脳内のさまざまな活動ネットワークを働かせる可能性があります。

 


研究を主導したステファニー博士は、
「愛の科学や人々が恋に落ちる方法については現在ほとんど知られていないが、
これらの反応パターンは視線のような自動注意プロセスが愛の感情と欲求の感情を区別する方法に関する手がかりになります。」

 


この研究では被験者の男性と女性が見知らぬ人の写真を見て、
恋愛や性的欲求を感じているかどうかをできるだけ早く見極める為のものです。

 


研究の内容は、
カップルの写真、異性の独身者の写真を被験者にみせ、
同時に視線追跡装置が写真の中を見た場所を追跡しました。

 


これら2つの情報をまとめることによって、
研究者は人々が最初に顔を見ている傾向があることを発見しました。
そしてそれはロマンチックな愛について考えるとき目の動きが止まったそうな。


しかし、参加者が性的欲求を感じたとき彼らの視線はすぐに体を下に移動しました。
これは、人々が見ている場所を示す「ヒートマップ」です。

 

 

人々が性的欲求を感じたとき彼らの視線は最初は主に顔に集中していましたが、
のちに視線が下に降りて、下の緑色の領域が南に動いていることを示しています。


愛と性欲は、脳と人々の生活経験の両方において驚くほど別々のプロセスです。
愛は性的欲求の前提条件ではなく、性的欲求が必ずしも愛につながるわけではありません。


Tennov(1999)によって1960年代半ばに行われた500人の個人に関する1件の研究では、女性の61%と男性の35%が、
「セックスを必要とせずに恋をしてきた」と述べた。
女性の79%、男性の79%が、「私はほんの少しも愛していなかったが性的に惹かれてきた」という声明に同意しました。