俺の言うことを聞いてくれ。

内向的な研究者によるブログ。アンチエイジング/人間関係/性格分析を記事にしています。

恋がメンタルに与える影響についての研究

 ããªã¼åç å·¦å³ã®é段ããæãã¤ãªãã«ããã«

この研究は雑誌Social Cognitive and Affective Neuroscience()に掲載されました。

 

結論から言うと
オキシトシン(一般に「愛のホルモン」として知られている)はメンタルを改善する効果がある、と新たな研究が報告しています。


ホルモンを服用した男性は1週間後までによりポジティブに感じ、より良いメンタルを感じると報告しました。
オキシトシンは異性との間に作り出される神経伝達物質です。
より大きな利他主義、社会的絆、そしてその他の良い効果と結びついています。


研究を主導したヴァン・カペレン博士は次のように述べています。
「メンタルと瞑想はそれぞれ、以前の研究では健康と幸福に関連してきました。
私たちはそれらの精神的経験を強化するかもしれない生物学的要因を理解することに興味を持っていました。
オキシトシンは私たちの体がメンタルを支える方法の一部であるように見えます。」


研究ではホルモンを服用した後、男性はガイド付き瞑想に参加しました。
オキシトシンを投与された人は、次のような声明と一致する可能性が高かった。
「すべての人生は相互に関連し合っています」
「すべての人々を結びつけるより高いレベルの意識または霊性があります。」


瞑想中、オキシトシンを服用している人は、インスピレーション、希望、愛、感謝、静けさなどの前向きな感情を感じたと言っていました。
ヴァン・カペレン博士は次のように述べています。
「メンタルは複雑で、さまざまな要因の影響を受けます。
しかし、オキシトシンは、私たちが世界をどのように認識しているか、そして私たちが信じていることに影響を与えるようです。」

 

恋のチカラってすごい。