俺の言うことを聞いてくれ。

内向的な研究者によるブログ。アンチエイジング/人間関係/性格分析を記事にしています。

あなたの人生がちょっと楽になる「しくじり効果」について

ããªã¼åç ç¬é¡ã®ã¢ãã­ãã¢ã¼å§¿ã®é»äººå¥³æ§

この研究は、Psychonomic Sc​​ience誌に掲載されました(

 

結論から言うと、
ちょっとしたミスや失敗はあなたをより好感の持てる人に仕立てあげる、と研究は報告しています。


心理学の研究で、人々は自分でコーヒーをこぼした後に他の人々は彼らをより魅力的と評価したとのこと。
このちょっとした行為で人々はより人間的で親しみやすくなりました。

しかしこの効果は条件付きで、
他の人があなたを有能であると既に見ているときこのトリックはうまくいくそうな。


著者は才能のある人々は他人に嫌われる傾向があると説明しています。
「最も能力があると考えられているグループメンバーは、必ずしも他のメンバーからのお気に入りとは限りません。
また、自分のグループの他のメンバーから最もアイデアを生み出し、
最も優れた「アイデア」の男性(または女性)として認められている人々は、通常は気に入られたメンバーではないことも実証されています。」


才能のある人には多くの能力があるために、相手は良すぎて近寄れず、遠く離れた人間以外のように見えるかもしれません。
心理学者によるとこの作用は「しくじり効果(pratfall effect」と呼ばれているそうな。


それとは対照的に、優秀でない人は、ミスをしても魅力的には映らないそうです。
だから、物をひっくり返したり、飲み物をこぼしたり、一日中バナナをすべったりするだけではうまくいきません。


研究の著者はこう書いています。
「全体として考えるとこれらのデータは優秀な人物の側の過ちが「良すぎる」という責任を取り除くという主張を支持しています。
それは彼の親しみやすさを増し、彼をより厳格で、より人間的に見せます。」


この研究は実は1966年のものなんですよね。
経験則的には効果がありそうに見えますね。優秀な人にとっては。