俺の言うことを聞いてくれ。

内向的な研究者によるブログ。アンチエイジング/人間関係/性格分析を記事にしています。

頭が良い人にみられるある特徴

ããªã¼åç é髪ã·ã§ã¼ããã¢ã®å¤å½äººå¥³æ§

この研究はBritish Journal of Psychology()に掲載されました。

 

結論から言うと、

知能が高い人々は友人達と交際するほど人生に満足しなくなるという新しい研究が報告されました。
この発見は、社交性が一般的に人々をより幸せにするという受け入れられた考えに反します。
ある人、特に知能の高い人たちが社会生活をしても満足感が増えないとしています。


この長期的な研究は、18歳から28歳の成人を追跡調査したそうな。
それは人口の密度と人生の満足度に注目しました。

結果は、一般に人口密度の低い地域に住んでいた人々は、より多くの人生に満足していることを示しました。

著者自身は、
「農村部と小規模町の居住者は、郊外に住む人々よりも幸福であり、さらに中小都市の人より幸せであり、さらに大都市の人々よりも幸せです」
これは高知能の人々に言えることです。

 

著者はまた、頭のいい人々にとってなぜ都市化が幸せにならないのかを進化論的に説明しています。そのアイデアは、インテリジェンスが高い人々ほどは現代の世界にうまく適応できるということです。
人類はもはやその社会集団と緊密な接触を必要とする狩猟採集種ではありません。
インテリジェントな人々は、より新しく、より少ないパック指向の生活様式に、よりよく適応できると言います。
どのような進化論的な説明を考えても、このアイデアは確かに魅力的です。

 

なるほど。

確かに技術が進歩すればするほど個人で生きることが容易になるので、頭の良い人たちにとってはしがらみは少なくなるのでしょうね。