俺の言うことを聞いてくれ。

内向的な研究者によるブログ。アンチエイジング/人間関係/性格分析を記事にしています。

記憶力を改善する5個の簡単な方法

ããªã¼åç 3.5ã¤ã³ãã®ãã¼ããã£ã¹ã¯

研究によって証明されている記憶を改善するための5個のアイデアをご紹介いたします。それぞれの項目後との最後に出典論文を記載しています。

2、3個の例外を除いてほとんどの人は労力、費用をかけずにこれらを行うことができるでしょう。(論文の量が多いので次回また5つ紹介します。)


1.右手で握りこぶしをつくる
右手を握って拳を握ると、記憶を助けることができるとのこと。
Propperらによる研究では(2013)では、
学習中に右の拳を握った参加者は、左の拳を握っているか、まったく握っていないコントロールグループよりも優れていたそうな。

 

2.ガムを噛む
チューインガムは、仕事に集中し記憶を改善するのに役立ちます。
モルガン(Morgan)らによる研究 (2013)によると、

ガム咀嚼者は、非咀嚼者に比べて短期記憶が改善されていた。

 

3.寝る
睡眠の多くの利点の1つは、記憶を強くすることです。
脳が睡眠中に驚くほど活動しており、その活動の1つが記憶について取り組んでいるからです。
睡眠は私たちの記憶をより強くするだけでなく、それらを再構成し、再構成するとのこと。
研究によると、より価値の高いものについて夢見る可能性が高く、その後はそれらを思い出す可能性が高いことを示しています(2013)

 

4.散歩に行く
多くの人々が年を重ねるにつれて記憶上の問題を抱えています。
しかし、週にちょうど6マイル歩くことは、老後の記憶を維持するのに役立ちます。
ある研究では、週に6〜9マイル歩いた高齢者は、より静かな人よりも脳の灰白質の量が9年後に多いことが分かった(2010)

*1マイル=約1.6キロメートル

 

5.禁煙
喫煙をやめることの物理的利点はよく知られていますが、記憶にも有益であることはあまり知られていません。
それは喫煙が記憶を損なうためであり、禁煙はそれを正常な機能にほとんど回復させることができるからである(2011)

 

どれも日々の生活で取り入れることができる内容だと思います。

どれか取り入れやすいものから少しづつ取り入れていくのでもよいかと。

次回また5つの方法をご紹介いたしますね。