俺の言うことを聞いてくれ。

内向的な研究者によるブログ。アンチエイジング/人間関係/性格分析を記事にしています。

ある女性達は浮気をしやすいという最新の研究

ããªã¼åç ãã¼ãã£ã¼ç¨ã¡ã¬ããã¤ããäºäººã®å¤å½äººå¥³æ§

この研究は、Social and Personal Relationships(1
のジャーナルに掲載されました。

こちらはフロリダ州立大学等の研究結果になります。

 

結論から言うと、
強い外向型の特徴を持っている女性はパートナーに対して浮気をする可能性が高いという研究結果がでました。

強い外向型は発信することや社会活動においてのエネルギーが豊富です。

一方、内向型の女性はパートナーに対して浮気をする可能性は低いとの結果も出ています。
内向型はより孤独な活動を楽しむ傾向があり、話す前に考えることを好み、精神的なエネルギーを内向きに集中させることを好む傾向があります。

一方、男性の場合は性格の特徴は強く不倫に結びついていませんでした。

 

その他にある人格があなたのパートナーがあなたを欺くかどうかに重要な影響を与えることが明らかになりました。

 

その人格とは、新婚のカップルからのデータより判明し、パートナーの「神経症的傾向」が重要であることを発見しました。

神経症的傾向は、不安・悲しみ・過敏性・自己意識に強く結びつく性格特性です。

神経症的傾向のパートナーを持つ人々は、男性か女性かを問わず、より浮気をする傾向がありました。

さらに、自己愛性が高い妻を持つ男性もまた、浮気をする可能性がより高かった。

 

2つの研究では、227組のカップルを調査し、約3年間追跡した。
人格テストに加えて、彼らに浮気の経験があるかどうか尋ねられました。
その結果、結婚の最初の3年以内に夫婦の約8%が不倫を認めた。

 

研究の著者は次のように書いている。
「不倫は、パートナー(自分自身と比較して)の性格によってある程度は説明できるかもしれない。
人々の永続的な特性とパートナーの持続的な特性が共有環境に影響を及ぼすことを考えると、
人々のパートナーシップの性格特性、具体的には、自分の人格特性よりも共有環境の否定性に大きな影響を与える可能性があります」