俺の言うことを聞いてくれ。

内向的な研究者によるブログ。アンチエイジング/人間関係/性格分析を記事にしています。

ある人が近くにいるとストレスを減らすことできるという研究

 ããªã¼åç å­ä¾ã¨ç¶è¦ªã®ã¤ãªãã æ

この研究はEmotion誌(1)に掲載されました。

 

結論からいうと、
愛する人が感情的にも身体的にも近くにいるとストレスを減らすことができるという新しい研究があります。
愛する人と一緒に手を繋ぐとストレスが軽減されるとのこと。

 

この研究では、66人の青年期の女の子が対象となり、
被験者の女の子たちに自発的な発言をするように求めた。

時には母親が手を握ったり、子供から離れて別の場所で過ごすように指示された。

心理学者は、感情的および肉体的な近さの影響がストレスレベルに及ぼす影響を知ることを目的としていました。

 

この研究の最初の著者であるJessica Lougheed氏は次のように述べています。

「私たちは社会基盤理論(Social Baseline Theory)と呼ばれる心理学における新しい進化論を試したかったのです。
これは人間が他の人間に近づくように適応したことを示唆しています。
この考え方は個人が信頼できる人から遠く離れている場合、個人が相対的に危険に機能するということです。」


研究者たちは、母親が手を差し伸べたとき、女の子たちがストレスをよりよく管理していることを発見しました。
身体的および人間関係の親密度が高いほど、
子供たちは困難な状況を克服することができるように感じました。

 

チャレンジをする子供には無償の愛が必要なようです。
大人を対象とした研究もきになるところですね。