俺の言うことを聞いてくれ。

内向的な研究者によるブログ。アンチエイジング/人間関係/性格分析を記事にしています。

忘年会で見極めるIQの高い人の特徴

ããªã¼åç åã³ã³ã§ä¹¾æ¯ããè¥èã®æ

この研究はアルコール依存症:臨床および実験研究ジャーナル1に掲載されました


結論から言うと、
より高い度数のアルコール摂取と大量の飲酒(どんちゃん騒ぎ)は両方ともより低いIQと結びついている、と研究者らは報告しています。

 

より高いIQを持つ人々は、大量の飲酒を避ける傾向があります。

結論は、1969年から1971年の間に兵役のために徴集された49,321人のスウェーデンの男性の研究から来ているとのこと。
彼らはIQ検査を受け、アルコール摂取量について質問されたそうな。

結果は、IQが低くなればなるほど、彼らはアルコールを飲み過ぎる可能性が高くなりました。
IQがアルコール摂取とどのように関連しているかは、研究から明らかではありません。
しかし、IQが低いほど社会的地位や感情的な問題が悪化し、アルコール消費率が上昇する可能性があります。



研究の著者は次のように結論づけている。
「IQ検査の結果が低いことは、
スウェーデンの青年男性のアルコール消費量の増加と関連していることがわかりました」

より高いIQを持つ人がより健康になる傾向があることを著者は説明しています。
インテリジェンスと健康の関連性についての1つの示唆された説明は、認知スキルが健康的なライフスタイルを選択する可能性を高めることであるとのこと。

認知能力は、喫煙、食物摂取、身体活動など、いくつかの健康関連行動に関連していることが判明しています。

この研究では、過激な飲酒とIQの低下が関連していました。

 

しかし、以前の研究では、IQの高い人は平均アルコール消費量が高かった。
結果は、高度に知的な人々もまた、薬物を使用する可能性が高いという事実だとでています。

その理由としてはインテリジェントな人は簡単に退屈する傾向があるからです。
しかし同時に、彼らはより健康的なライフスタイルを貫いたとのこと

 

結果として、IQの高い人もアルコール、薬物を摂取するが、ライフスタイルには影響を及ぼすほどではないらしい。

 

忘年会シーズンでアルコールは避けられない人もいるかもしれませんが、ほどほどにしましょう。