俺の言うことを聞いてくれ。

内向的な研究者によるブログ。アンチエイジング/人間関係/性格分析を記事にしています。

ある傾向の人はうつ病や不安のリスクが大きいという研究

ããªã¼åç é§ã®ããã森ã¨åæ¨ã®ä¸ã«ç«ã¤äººç©

 

約25%のアメリカ人が、自分の人生のある時点で不安障害を経験しています。

この研究はBiological Psychiatryジャーナル(1)に掲載されました。


結論から言うと、
神経症であることがうつ病や不安の最も大きなリスク要因であると研究で報告しています。
神経症は恐怖、罪悪感、恥、悲しみ、怒りなどの否定的な感情を経験する傾向があります。


神経症を起こしやすい人は驚くような傾向があり、神経質にならない場合でも神経質になる可能性があることが明らかになった。


結論は、特定の瞬間に軽度の電気ショックを受けると言われた132人の青年の研究から来ている。

ここで分かったことは、
電気ショックが来ないことを知っていても、神経症の人々はより緊張していることを示しましたとのこと。


研究の最初の著者であるMichelle Craske教授は、次のように述べています。

「これらの知見は、実際の脅威事象に対して適切な恐怖で対応するが、周囲の条件に不必要な不安を追加することを示唆しています。
不安と抑うつはしばしば両立します。
私たちは、不安とうつ病の発症のために青少年を危険にさらす要因、不安と抑うつの共通点、それぞれに固有の要因を知ろうとしています。」