俺の言うことを聞いてくれ。

内向的な研究者によるブログ。アンチエイジング/人間関係/性格分析を記事にしています。

ある栄養素はうつ病のリスクを75%低下させるという最新の研究

 

ããªã¼åç èçã®ä¸ã§èª­æ¸ããªããèãè¾¼ãå¤å½äººå¥³æ§

 

新しい研究によると、
健康的なレベルのビタミンDの摂取でうつ病のリスクが75%低下するという報告がされています

アイルランドの研究で4,000人の高齢者に4年間もの間調査を行ったそうです。
*一番下に論文を掲載しています。

 

結果はビタミンD欠乏症を有する人々がうつ病のリスクが75%高いことを示したとのこと。
ビタミンDは日光に反応して体内で生成されるか、補給物として服用することができます。

ビタミンDとうつ病の関係は高齢者に限定されていません。
最近のある研究ではビタミンDの欠乏が、若い女性のうつ症状に多く関連していることが判明しました。

 

研究の共同著者であるEamon Laird博士は次のように述べています。
「この研究は、ビタミンDが骨の健康以外の健康状態に関連していることを示しています。驚くべきことは、他の制御変数を考慮した後でさえ、うつ病に対する大きな影響があることです。
私たちの以前の研究では、ビタミンDが夏には高齢者のうち8人が1人、冬には4人に1人が不足していることがわかっています。」

 

高齢者は通常、体内でビタミンDのレベルが低くなります。
別の研究では若い女性の50%がビタミンD濃度が不十分であることが示唆されています。

ビタミンDのレベルが高い食品には油性の魚や卵が含まれますが、ほとんどの人はビタミンDを日光の作用から皮膚に摂取します。

 

レアード博士によると、
「ビタミンDは推奨摂取量を取るだけなら安全であり比較的安価です。
この研究はビタミンDの健康へのメリットについての証拠を増やしています。」

 

ビタミンDに関してはこのブログで何度も取り上げているので、

取りべき必須栄養素として間違いはないでしょう。

www.jangatips.com

www.jangatips.com

 

この研究は、American Medical Directors Association(Briggs et al。、2018)
http://dx.doi.org/10.1016/j.jamda.2018.10.006
のジャーナルに掲載されました。