俺の言うことを聞いてくれ。

内向的な研究者によるブログ。アンチエイジング/人間関係/性格分析を記事にしています。

内向的な人はアルコールを飲むとある症状が出てくるという最新の研究

ããªã¼åç å ¤é²ã§èª­æ¸ãã¦ããå¤å½ã®å°å¹´

 

結論から言うと、
内向的な人々はアルコールを飲んだ後、精神的に不安になる傾向があると新しい研究が報告しています。

これは「hangxiety」と呼ばれるそうで、「hangover(二日酔い)」と「anxious(不安)」の単語を組み合わせて呼ばれる俗語があるそうです。

より多くの外出する外向的な人々と比較して、恥ずかしがり屋で内向的な人々は飲酒後の日にはるかに高いレベルの不安を経験するとのこと。

 

この研究を率いたセリア・モーガン教授は、
「社会状況に不安が感じられるのを避けるために多くの人々がアルコールを飲むことがわかっていますが、
この研究では恥ずかしそうな人々(内向的な人々)がこれを経験する可能性が高く、時には衰弱させることもあります。
これらの結果はまた『hangxiety』がアルコールによる問題を発症する可能性と関連している可能性があることを示唆しています。」

 

97人の酒飲みの研究では、6杯のアルコールを飲むグループとに素面のグループに分かれて実験が行われたそうで、
結果は恥ずかしがりで内向的な人々が酔っている間にやや恥ずかしがるのを感じなかったことを明らかにしたとのこと。
しかし、彼らは翌日、これをとても多くの不安を抱えたとのこと。

 

モルガン教授によると、
「この不安から逃れるためにはまず、
それは恥ずかしがり屋であること、または内向的であることを受け入れることです。
これは重度のアルコールから逃れるために役立つかもしれません。
内向性は肯定的な特性です。静かにしてもかまわないのです。」

 

この研究は、人格と個人差のジャーナル(Marsh et al。、2019)
https://doi.org/10.1016/j.paid.2018.10.034
に掲載されました。