俺の言うことを聞いてくれ。

内向的な研究者によるブログ。アンチエイジング/人間関係/性格分析を記事にしています。

ビタミンDが精神疾患に有効かもしれないという研究

ããªã¼åç åã¨å¤å½äººå¥³æ§ã®ãã¹ãã¢ããã·ã§ãã

 

結論から言うと、
ビタミンDがオメガ3脂肪酸と同様に精神障害に役立つことを研究結果から報告されています。

うつ病、自閉症、注意欠陥多動性障害(ADHD)、双極性障害およびさらには統合失調症は、すべて低レベルのビタミンDおよびオメガ-3に関連しているそうな。

 

低レベルのセロトニンは、記憶、計画性、社会的行動を不能にし、衝動性および攻撃性を増加させることが判明しているとのこと。

これらの必須栄養素を補充することで、これらの状態の一部を改善することが約束されています。

 

しかし今まで科学者はオメガ3とビタミンDがこのような広範囲に利益をもたらすくメカニズムについて確信はしていなかったみた。

 

ビタミンDのメリット

FASEBジャーナルに掲載されたこの新しい研究では、
重要な神経伝達物質であるセロトニンとの相互作用の可能性があることが分かった(Patrick&Ames、2015)。

研究の最初の著者であるRhonda P. Patrick博士は、
「私たちはセロトニンの生産と機能をビタミンDとオメガ3脂肪酸にリンクさせることで、これらの重要な微量栄養素が脳の機能を助けることを示唆しています。」


ビタミンDは太陽が皮膚に当たったときに体内で主に生成されるため、冬にははるかに低い傾向があります。
ビタミンDのレベルが低いことに加えて多くの人々は魚を十分に食べていないため、
エイコサペンタエン酸(EPA)とドコサヘキサエン酸(DHA)の2種類の重要なオメガ3脂肪酸が低レベルです。

パトリック博士は、
「ビタミンDは脳に多く存在する約1,000の遺伝子を制御するステロイドホルモンに変換されており、オメガ3脂肪酸欠乏症は人々が十分な魚を食べないために非常に一般的に起こりえる状況です。」

研究者らは、オメガ3脂肪酸とビタミンDの両方を正しく摂取すれば、多くの脳障害に効果があると考えています。

 

ビタミンDに関してはこちらの記事でも取り上げていますがかなり重要な栄養素です。

冬に気分が落ち込みやすいという人は、サプリメントでの補給も考えたほうがいいかもしれません。

www.jangatips.com


FASEBジャーナル
Patrick&Ames、2015
http://www.fasebj.org/content/early/2015/02/23/fj.14-268342.abstract

(Patrick&Ames、2015)