俺の言うことを聞いてくれ。

内向的な研究者によるブログ。アンチエイジング/人間関係/性格分析を記事にしています。

記憶したいなら絵を書くのが一番効果的であるという研究

 ããªã¼åç ã¹ã±ããããã¯ã¨çµµå·ã¨çµµç­


新しい研究では、
絵を描くことが何かを覚えておくための最良の方法であると報告しています。(Fernandes et al。、2018)

描画はメモを取ることよりも、画像を見るよりも優れた記憶術であると報告しています。
絵が下手であるかどうかは問題ではありません。絵を描く努力はそれを記憶に残すのに十分であるとのこと。


絵で表現することは情報を表現する複数の方法を組み込んでいるため特に効果的みたい。
*ドローイングは意味、形、言葉の意味を持ち体を動かすことで描く。

 

Ms Melissa Meade(研究の共著者)は次のように述べています。
「他の既知の研究手法よりも高齢者の記憶を向上させることが分りました。
私たちはこれらの結果に本当に勇気づけられており、記憶と言語機能の急速な低下を経験している認知症の人々を助けるための方法を模索しています。」

 

研究のために、学生と高齢者は、一連の言葉を記憶しようとしました。
彼らは単語を書いたり、それを描いたり、それに関連する属性を列挙したりした。

その結果、どの年齢層でも絵を描いたグループは記憶に最も強い印影を残しました。

さらに、この影響は特に高齢者では強かった

この研究の最初の著者であるMyra Fernandes教授は、
「描画を行うことでさまざまなタスクでメモリが向上し、戦略の簡素化はさまざまな設定で使用できることを意味します」

記憶は一般的に年齢とともに劣化するが、画像処理に関連する脳領域は通常損なわれないままであるとのこと。

 

Meade教授は、
「描くことは、痴呆の人々にとって特に重要であると考えています。
なぜなら、脳の領域をより有効に活用し、記憶機能による認知障害を経験する人々を助けることができるからです。
私たちの発見は、痴呆患者が病気の進行中に貴重なエピソード記憶を保持するのを助けるための治療的介入に刺激的な意味を持っています」


この研究は、Current Directions in Psychological Science誌(Fernandes et al。、2018)
https://doi.org/10.1177%2F0963721418755385
に掲載されました。