俺の言うことを聞いてくれ。

内向的な研究者によるブログ。アンチエイジング/人間関係/性格分析を記事にしています。

フルーツに含まれるある成分は加齢によるダメージを防いでくれるらしい

 

ããªã¼åç éèã¨æç©

 

結論から言うと、
抗酸化物質であるフィセチンは体内の年齢および炎症に伴う衰弱を減少させることが分かった。

フィセチンはリンゴ、タマネギ、キュウリ、柿などの植物にも含まれている要素でして、

この研究を率いたパメラ・マーハー博士によると、
「企業はフィセチンを様々な健康製品に入れているが、その化合物の検査は十分ではない。
私たちの進行中の研究ではフィセチンはアルツハイマー病だけでなく、
多くの加齢に関連する神経変性疾患の予防薬として役立つと考えており、より厳密な研究を奨励したいと考えています。
同じ研究室の以前の研究では、フィセチンが加齢関連の記憶喪失を減少させることが分かっています。」

 

研究はアルツハイマー病に罹患しやすいように遺伝子改変されたマウスで行ったそうで、マウスに7ヶ月間フィセチンを含む食物を与え、対照群と比較した。

結果、10ヶ月でこの2つのグループの違いは目立っており、
フィセチンを投与された対照群は年齢関連の障害を殆ど受けなかったそうです。

 

砂糖は記憶力を低下させるという研究がありましたが、

www.jangatips.com

何か甘味が欲しくなったらフルーツを摂取するという習慣をつけていきたいですね。


この研究はGerontologyシリーズAのジャーナル

https://doi.org/10.1093/gerona/glx104

(Currais et al。、2017)に掲載されました。