俺の言うことを聞いてくれ。

内向的な研究者によるブログ。アンチエイジング/人間関係/性格分析を記事にしています。

あなたの人生に影響を与えるお金の心理学

ããªã¼åç 財å¸ãã1ãã«æ­ãåºãæ

QRコード決済のPayPayが世間を賑わせていますねー。
ペイペイ!と、音が出るのはなかなか恥ずかしいですが笑

 

皆さんに関係する「お金の心理学」です。

 

ほとんどの人がお金でミスを犯します。
しかし、人間がお金についてどのように考えているかを理解できれば、これらの間違いは避けることができます。
我々の判断に影響することを示した10の認知バイアスを取り上げています。

1.現状バイアス


財政的な損失で最も大きな理由の1つは、利用可能なオプションがはるかに多いにもかかわらず、自分が知っているものに固執することです
以前選択したものと同じものを選ぶ傾向があります。
また商品やサービスのいずれの場合でも、より良いオプションが利用可能であっても、同じ行為を繰り返してしまいます。

投資判断に関する研究はこのバイアスを示しています。(例えばSamuelson&Zeckhauser論文

より良い選択肢があるにもかかわらず、人々は同じ古い年金制度、株式および株式に固執する。
行動を変えることはより多くの労力が必要となり、我々の決定を後悔することを避けたいので変更するのは難しいとのこと。

 

2.購入後の合理化バイアス


何か物を買った後、私たちはそれが正しいことを確信します。
ほとんどの人は特に大きな買い物をして、間違いを犯したことを受け入れることを拒否します。
マーケティング担当者はこれを知っているので、まずマネーバック保証のようなものを使ってパーツオーナーシップを奨励しようとします。
決定を下したらそれは正しいものであると確信します(認知的不協和)。
また、あなた自身がそれを所有しているため、より価値があるようになります(論文)。

 

3.相対性理論バイアス

 

私たちは価格を相対的に考え、企業はこれを知っています。だからこそ、推奨小売価格は高く設定されてから割り引かれます。
レストランメニューのいくつかの高価なオプションは、通常の食事を妥当なものに見せるためだけにあります。
相対性トラップはアンカー効果とも呼ばれます。ある価格は、私たちの思考のアンカーのように機能します。
一つのお店をみて決めるのではなく、価格比較ウェブサイトを使用してください。商品のカテゴリーを比較してみてください。

 

4.所有効果バイアス

 

何かを所有しているとき、私たちは物事をより重視します。
だから私たちのものを売ることになると、私たちは価格を高く設定する傾向がありそうな。

だからこそ、あなたはときおり中古品をばかばかしい価格で広告しているのを見るのです。
専門家とは異なり、アマチュアの売り手は自分の所有物に感情的な愛着を抱いています。

 

5.現在バイアス

 

一般的に人間は今この時の喜びを得て、後で痛みを残すことを好みます。エコノミストは、この双曲線割引を呼んでいます。
これはお金の真実です。
マーケティング担当者は私たちが今すぐ割引を得るための吸血鬼であることを知っているので、
後々降りかかる痛みを隠します。(携帯電話の取引を考えてください)残念ながら今すぐ購入し、後で支払いは非常に悪い取引です。

これを回避する方法の1つは、購買決定を行う際にあなたの将来の自分について考えることです。

6.損失の恐れバイアス

 

人々は物価が上がったときに物を売る傾向がありますが、物価が下がったときに物事を保つ傾向があります。

それは損失を避けるための私たちの自然な願望の一つのデモンストレーションです。
この影響は株式市場取引に関する多くの研究(Weber&Camerer論文)に見られます。
(日本ではよく下落した株を持ち続ける行為を「塩漬け」って言いますよね。これも認知バイアスです。)

しかし、価格が下がっているという事実は大きなヒントです。
失ってしまう恐れと戦うことができれば、結局はあなたをより良くすることができます。

 

7.親密度バイアス

 

我々はそれが最良の選択肢ではないという明確な信号がある場合には、よく知られているものを選択する(Richter&Spath、2006)。
これは日本で言うと、楽天カードマンなんかにいえることではないでしょうか?
よく分からない物はとりあえず知っているものを選択するというバイアスです。

正しい理由で何かを購入しているかどうか常にチェックしてください。
馴染みがあるということは、広告主が勝っていることを意味します。

 

8.薔薇の回顧バイアス

 

私たちは自分たちの意思決定を実際よりも覚えている傾向があります。
これは、同様の決定を再度行うようになるときに問題になります。私たちは以前の決定が良いものだと思うように偏っています。
それはあなたが選んだ休日、家または車であるかもしれません(例えば、Mitchell&Thompson、1994)。
それは部分的に同じ金融ミスを繰り返すことになります。私たちは前に同じミスを犯したことを忘れています。

重要な財務上の決定を下す前に、以前の決定の実際の結果を掘り下げてみてください。
バラ色の眼鏡がなければ、私たちは間違いを繰り返さないようにすることができます。

 

9.無料!バイアス

 

「無料」という言葉は私たちを魔法のように保ち、マーケティング担当者はそれを知っています。
行動経済学の研究によれば、時には無料で何かを得るために全体的に悪い取引をすることがあります。
あなたが「無料」のための何かを提供されているかどうか注意してください。

 

10.拘束バイアス

 

お金のための多くの間違いは自己制御の欠如の結果です。
私たちは自分自身をコントロールすると思っていますが、誘惑に直面したときはコントロールできません。
(Nordgren et al論文)のような研究は、人々が自制を予測するうえで楽観的であることを示している。

だから、誘惑される状況に身を置かないでください。使わないクレジットカードの切取りをお勧めします。
私たちは思ったよりもはるかに弱いのですから機会を与えてはいけません。

 

5の現在バイアスなど、今回のPayPayキャンペーンでクレジット払いをした方などが当てはまるのではないでしょうか。気持ちよく買い物ができるのですが、支払いを将来に先延ばししているわけですからねー。