俺の言うことを聞いてくれ。

内向的な研究者によるブログ。アンチエイジング/人間関係/性格分析を記事にしています。

サイコパス傾向の高い大統領が決まった(ランキング形式)という研究

ããªã¼åç ã¢ã¡ãªã«åè¡å½è­°ä¼è­°äºå ã®é¢¨æ¯

 

セオドア・ルーズベルトとジョン・F・ケネディは
最高の「正の」サイコパス傾向を持つ米国大統領のリストのトップに上がっているという研究が報告されています。

 

サイコパスを発見するための2つのステップを発見しており、(今度記事にしたいと思っています。)
どの職業にサイコパスが含まれているのかについては突き止めています。

www.jangatips.com

 

この研究ではサイコパス傾向の高い職業として米国大統領があげており、

(最高経営責任者CEOがサイコパス傾向が高いので納得。)
ジョージ・W・ブッシュを含む42人の大統領のうち、リリエンフェルド(Lilienfeld)らの研究で上位10名が絞られました。(2012):

ランキングは上位から、

 

1.セオドア・ルーズベルト(1.462)
2.ジョンF・ケネディ(1.408)
3.フランクリンD.ルーズベルト(1.079)
4.ロナルド・レーガン(.912)
5.ラザフォード・B・ヘイズ(.824)
6.ザカリー・テイラー(.671)
7.ビルクリントン(.569)
8.マーティン・バン・ビューレン(.554)
9.アンドリュー・ジャクソン(.516)
10.ジョージWブッシュ(.391)

 

角括弧内のスコアが高いほど、サイコパス傾向が高くなるそうです。


これらの評価は実際には、「恐れのない支配」と呼ばれるサイコパスの1つの側面に対するものです。
つまり、サイコパスの資質の1つである、恐れがないこと、魅力的で大胆で責任を負うことに関連する部分です。

 

サイコパスのもう一つの側面は「自己中心的衝動性」と呼ばれることもありますが、
一般的に不適応性と見なされる面では、大統領の業績とは関係がありませんでした。

 

著者が本当に関心を持っていたのは、「恐れのない支配」と呼ばれるこのサイコパスの側面が、より良い大統領の業績と結びついているかどうかであったそうで、
調べるために著者たちは大統領になるまでの長さ、知的偉業、戦争勇気のような大統領の偉大さの一般的な尺度を調べたそうな。
そして、彼らは12の異なるアンケートを平均して測定された「最高の」大統領が、より高いレベルの恐れのない支配力を持っているかどうかを調べました。

 

リリエンフェルド(Lilienfeld)ら (2012)の結論は、

「私たちの結果は、政治、ビジネス、法執行、陸上競技における権力と威信の位置など、職業・召命・社会的役割の多くで、しばしばサイコパスと関連した大胆さが利点をもたらすかもしれない」としています。

* * *

 

比較のためにここでは最も低いスコアとして、恐れのない支配力のランキングもあげています。
言い換えれば、彼らは最も恐ろしい、最も支配的でない米国大統領だったとのこと。

 

1.ウィリアム・H・タフト
2.ジョン・Q.アダムス
3.カルバンクーリッジ
4.ウィリアム・マッキンリー
5.ジェームスブキャナン
6.ジョンアダムス
7.ハーバートフーバー
8.アンドリュー・ジョンソン
9.ハリー・S・トルーマン
10.ジェームスガーフィールド

 

▼リリエンフェルド(Lilienfeld)ら (2012)研究はこちら

http://dx.doi.org/10.1037/a0029392