俺の言うことを聞いてくれ。

内向的な研究者によるブログ。アンチエイジング/人間関係/性格分析を記事にしています。

ストレスは脳の認知機能を低下させるよ、という研究

ããªã¼åç æ¤å­ã«åº§ã£ã¦æããå·¡ããé髪ã®å¤å½äººå¥³æ§

 

ストレスは脳を文字通り縮めてしまう、という新しい研究が報告されています。

「ストレスホルモン」コルチゾールのレベルが高い中年の人々は、
平均レベルのストレスホルモンの対象者よりも記憶検査で悪い結果をだしたそうな。

マインドフルネス、適度な運動、より良い睡眠などの一般的なアプローチはすべて、ストレスを軽減するのに役立つとのこと。

 

この研究を主導したセシャドリ教授は、
「認知症を理解するために重要な関心を集めている要因の1つは、現代生活のストレスが高まることです。
私たちが動物で知っていることの一つは、ストレスが認知機能の低下につながること。
この研究では、被験者達の朝のコルチゾール濃度が高いほど、脳の構造や認知が悪化していました。」

 

この研究では、2,231人の脳スキャンを行い、コルチゾールレベルを測定した。
(コルチゾールはストレスレベルで体内で上昇するホルモンです。)

試験では、コルチゾールのレベルが高い人は、脳容積が小さく、記憶が悪かったことが明らかになりました。

しかし、被験者の中で誰も痴呆の徴候を示さなかった。

 

この研究の筆頭著者であるジャスティン・B・エッソーフォ・ツチューイ博士は、
「コルチゾールは多くの異なる機能に影響を与えるので、ホルモンの高レベルが脳にどのように影響するかを完全に調べることが重要です。
他の研究ではコルチゾールと記憶の関係を調べていますが、
私たちの大規模なコミュニティベースの研究は中年の人々は空腹時血中コルチゾールレベルと脳容積だけでなく、記憶や思考スキルを最初に関係していると考えています。」

 

セシャドリ教授は、
「今日の生活が忙しいほどストレスが増し、ストレスがかかるとコルチゾールレベルが上昇します。なぜなら、それが私たちの闘争逃走反応(fight-or-flight response)であるからです。私たちが恐れているとき、何らかの形で脅かされたとき、コルチゾールのレベルが上がります。この研究はストレスを減らすことに気をつけるのは時期尚早ではない、という一般的な知恵を与えています。」


この研究は、Journal of Neurology (Echouffo-Tcheugui et al。、2018)
https://doi.org/10.1212/WNL.0000000000006549
に掲載されました。