俺の言うことを聞いてくれ。

内向的な研究者によるブログ。アンチエイジング/人間関係/性格分析を記事にしています。

食事のスピードが遅いと体重が減少するかも、という研究

ããªã¼åç ãã¶ãé£ã¹ã人ç©

 

ゆっくりとご飯をたべることは肥満度の低下、
ウエストを細くすることに結びついているということが研究で報告されました。

ゆっくりと食べる人は、より速く食べる人よりも肥満になる確率が42%低くなったとのこと。

ゆっくり食べることは身体のインシュリンレベルの上昇と連動し、
満腹感が早く食べるよりもあるとのこと。

 

この調査では5年間日本で約6万人が対象になったそう。
その他に2つの単純な習慣も体重減少に関連していたそうな。
・夕食後のスナックを避ける。
・ベッドに2時間以内に食べていない。
とのこと。

 

食事の食べるスピードについて
食べる速度が遅いグループ、中程度のグループ、または高速のグループいずれかに分類したとのこと。

結果は食べる速度が遅いグループが健康であり、より健康的なライフスタイルを有する可能性が高いことを明らかにした。
通常の速度で食べる人は肥満になる確率が29%低く、ゆっくり食べる人は肥満になる可能性が42%低くなったそう。
さらに、ゆっくり食べるグループはウエストがよりスリムになったとのこと。

 

研究の著者は次のように結論づけています。
「食生活の変化は、肥満、BMI、腰囲に影響を与える可能性があります。
摂食速度を低下させることを目的とした介入は、肥満を予防し、関連する健康リスクを低下させるのに効果的です。」

 

研究はBMJ Open(Hurst et al。、2018)ジャーナルに

http://dx.doi.org/10.1136/bmjopen-2017-019589

掲載されました。