俺の言うことを聞いてくれ。

内向的な研究者によるブログ。アンチエイジング/人間関係/性格分析を記事にしています。

サイコパスはある言葉を普通の人の2倍使用するらしい

ããªã¼åç 財å¸ã®ä¸­ã®ä¸ä¸åæ­

 

Netflixに「マインドハンター」という巨匠デヴィッド・フィンチャーのサイコスリラーの連続ドラマがあるのですがそれを彷彿させた論文でございます。

 

結論から言うと、

サイコパスは「お金」「食べ物」「性」に関連する言葉を非サイコパスの2倍の頻度で使用するという調査結果が出ています。

 

さらに彼らは家族、宗教、社会的ニーズに関連する言葉を使用する可能性が低い。
言葉の使用の傾向は、サイコパスが過度の利己主義、感情的平坦さについてを反映しています。

 

この研究結果は、
カナダの刑務所で14人のサイコパスの殺人犯が語った話の分析から来ている。
彼らは、サイコパスではない 38人の有罪判決を受けた殺人犯と比較された。

 

それぞれの犯罪者は犯罪について詳細に話し、次に使用された言葉が分析されました。
お金、食べ物、性に関連する言葉とともに、サイコパスは「理由」、「それ以降」、「それほど」のような説明的な言葉を使って犯罪を説明する可能性が高かった。

 

最初の著者であるJeff Hancock教授は、次のように述べています。
「研究は、サイコパスがどのように言語を使用しているかを見てきました。
私たちの論文は、自動ツールを使ってサイコパスの異なる発言パターンを検出できることを初めて示したものです。」


この研究は、Legal and Criminological Psychology誌(Hancock et al。、2011)

http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1111/j.2044-8333.2011.02025.x/abstract

に掲載されました。