俺の言うことを聞いてくれ。

内向的な研究者によるブログ。アンチエイジング/人間関係/性格分析を記事にしています。

魚を食べるといろいろ良くなるよ!という研究

ããªã¼åç ããããã®å°é­ãå¥ããããã¡ããª
 
こちらの研究によると、
1週間に1回以上魚を食べることは、より高いIQとよりよい睡眠に結びついていると報告されています。
 
この研究は、オメガ3脂肪酸と知性と睡眠との間のより具体的な関連性を提供するものになります。
 
 
この研究分野はまだ新興なものであるそうで、
この実験ではサプリメントの代わりに、食物から成るオメガ3を使用しているとのこと。
 
研究のために研究者は中国の9-11歳の541人の子供を追跡し、
1週間に1回魚を食べると報告した子供は、ほとんどまたはまったく食べなかった人よりも約5倍のIQポイントを得たそうな。
 
より多くの魚はまた、より少ない睡眠障害に関連していた。
 
共同研究者のAdrian Raine教授は、次のように述べています。
「睡眠不足は反社会的行動に関連している。低い認知能力も反社会的行動に関連している。
我々はオメガ3サプリメントが反社会的行動を減少させることを発見したので、魚を食べることがこの背後にあることはそれほど驚くべきことではありません。」
 
 
研究の共同著者であるマーチン教授は、
「魚の摂取が健康にプラスの効果をもたらし、魚の摂取を促す広告や宣伝がより重視されるべきであるという証拠が増えています。
子供たちは早い時期に魚を摂取することを推奨されるべきです。
特に魚が一般的に提供されたり、”魚の匂い”がないような文化では、魚の摂取のための本当に協調した努力が必要です。
子供は匂いに敏感です。彼らはそれに慣れていない場合、より摂取することに困難になります。
消費される魚の量のわずかな増加は、家族にとって有益であり得るのです。」
 
 
島国に住んでいる私たち日本人は”魚を食べること”は当たり前のことであると感じているかもしれません。
世界的にみると魚を食べない、食べれない地域もまだまだあるようです。
研究者の魚への熱意が伝わる研究でした。
せっかく魚が身近にいる環境、文化にいるので、是非週1以上魚を食べる習慣をつけましょう~。
 
 
この研究はScientific Reports誌(Liu et al。、2017)
に掲載されました。