俺の言うことを聞いてくれ。

内向的な研究者によるブログ。アンチエイジング/人間関係/性格分析を記事にしています。

糖質制限ダイエットに物申す!科学的に良い食事についての研究

ããªã¼åç ã«ãããã

 

 今回の食事内容は”本来の健康を目指す人”にはとても良いものかもしれません。

 

この食事によって認知症および、関連する神経変性疾患のリスクを軽減することができるという結論が出ています。

 

その食事内容とは低蛋白質、高炭水化物の食事であり、メンタル改善にはぴったりと合っているという新しい研究が示唆しています。
(日本では反発されそうですが、、)

 

この食事内容を与えられたマウスは、記憶および学習ならびに脳全体の健康状態の改善を示したそう。

これは、低蛋白質、高炭水化物の食事が有益であることを示す最初の研究の1つです。
厳しく制限された食事は、長年にわたってヒトの長寿の約束を示してきましたが、人々がこのような食事を維持することは困難です。

この研究の筆頭著者であるDevin Wahl氏は次のように述べています。

「脳の健康状態を改善し、げっ歯類の神経変性疾患の発症を遅らせる最も強力な食事療法として、
厳しいカロリー制限のある食事を賞賛する100年近い質の高い研究を行っています。
しかし、大部分の人々は、特に食べ物がとても自由に入手できる西洋社会ではカロリーを制限するのに苦労しています。
私たちがカロリーを厳しく制限している時に見える記憶の原因となる脳の部分で、同じ種類の遺伝子変化を再現することができたことは、多くの約束を示しています。」

 

低蛋白質、高炭水化物食事法は新しいものではありません。
実は世界中の何世紀もの続けられた食事内容になるそう。

研究の共同著者であるDavid Le Couteur教授は、次のように述べている。
「沖縄の伝統的な食生活は、約9%のタンパク質であり、我々の研究と同様に、痩せた魚、大豆および植物をはじめ、牛肉がほとんどない源泉があります。
興味深いことに、彼らの主な炭水化物の一つはサツマイモです。」
研究のために、マウスには、チーズおよびミルクに見られるような複雑な炭水化物が与えられた。
結果は、食事は学習と記憶にとって重要な脳の構造である海馬に有益であることを示した。

ル・クートール教授は、
「海馬は、通常、アルツハイマー病のような神経変性疾患で脳の最初の部分に悪化する。
しかし、低タンパク質高炭水化物食は、低カロリー食よりもさらにいくつかの措置で、マウスの海馬の健康を促進するようであった。」

 

日本では糖質ダイエットがメディアによって盛り上げられていますが、
糖質の質についてもう少し議論されてもいいように思えます。
(白米とサツマイモでは栄養価が全然違うように)

 

この研究はCell Reports (Wahl et al。、2018)
https://doi.org/10.1016/j.celrep.2018.10.070
に掲載されました。