俺の言うことを聞いてくれ。

内向的な研究者によるブログ。アンチエイジング/人間関係/性格分析を記事にしています。

恋に落ちるとメンタルが安定するという研究

ããªã¼åç å¤æ¥ã¨å½¼å¥³ãæ±ãä¸ããå½¼æ°

 

恋に落ちることは神経症を起こしている人の人格を安定させるのに役立つという研究があります。

愛は人生を悲観的に考える人をより自信をもって人生に接近させ、より積極的にイベントに参加させるのに役立つそう。


研究の最初の著者であるChristine Finn博士は、

「神経性の人々は、人生に対しより不安で、不安定で、簡単に迷惑をかける。

彼らはうつ病に向かう傾向があり、しばしば自尊感情が低く生活に不満が多い傾向があります。

しかし、彼らが愛の関係においてより安定し、彼らの人格が安定することを示すことができました。」

研究者は、9ヶ月間にわたって18歳から30歳の245名のカップルを追跡した。

彼らカップルは一連の架空のシナリオにどのように反応するのか、そしてその関係は何を意味するのかという質問を受けました。

結果として、神経性の人々が世界を否定的に解釈するのを避けるの助けたとのこと。

ゆっくりと確実に関係が繁盛するにつれて、神経症の人々はより肯定的な解釈を作り出しました。


研究の共同著者であるFranz J. Neyer教授は、
「もちろん、どのカップルも違った反応を示したが、長くて幸せな関係は短いものより強い影響を与えます。」

神経症的傾向が強い人は遺伝による影響が強いみたいですが、後天的に改善もできるみたいですね。

この研究は、Journal of Personality (Finn et al。、2014)
http://dx.doi.org/10.1111/jopy.12102
に掲載されています。