俺の言うことを聞いてくれ。

内向的な研究者によるブログ。アンチエイジング/人間関係/性格分析を記事にしています。

男と女、どっちがコーヒー(カフェイン)の影響を受けやすいのか?という研究

 ããªã¼åç ã³ã¼ãã¼è±ã¨ä¸æ¯ã®ã³ã¼ãã¼

 

毎日コーヒー、緑茶からカフェインを摂取しているカフェイン大好き人間としては興味深い内容。

今回の研究は「男と女、どっちがカフェインの影響受けやすいの?」という研究です。

結論から言うと、
男性はコーヒーの影響に対して女性よりも敏感であることが明らかになった。

コーヒーの刺激効果はちょうど10分で始まると研究は明らかにしたそうな。
そして体内で最大レベルに達するまでには30〜45分かかるそう。

その効果は、通常個人の代謝に依存していて2〜3時間、時には4〜5時間続くみたい。

この研究では、668人の若者にさまざまなレベルのカフェインを与え、その後に効果を測定したとのこと。
この研究の最初の著者であるアナ・アーダン博士は次のように述べています。
「男性と女性の両方で、後の測定で増加したコーヒーの活動レベルの改善が見られましたが、
男性の方がより大きな影響を受けました」

この研究は盲点だったいうか、そもそも男性と女性では体の作りが違いますからねー。

この研究はthe Progress in Neuro-Psychopharmacology and Biological Psychiatry(Adan et al。、2008)
http://dx.doi.org/10.1016/j.pnpbp.2008.07.005
で発表されました